2019年06月26日

【6月27日発売】ドラマCDやたもも3 アフレココメント第3弾公開!!


ドラマCD「やたもも3」アフレココメント第3弾!
--------------------
八田役:小野友樹様(以下、小野
モモ役:下野 紘様(以下、下野
--------------------
―――キャラクターに共感できる部分は?
下野:大変だったり面倒だったりしても、笑ってやり過ごそうとするのは分からなくはないです。そういう自分を周りに見せることで、円滑に行くことって確かにあるなと思います。だから、見せている笑顔が必ずしも全て本当の笑顔というわけではないし、つらい時はつらいし、サラッと流してもらいたくない時もあるんだよっていう、そういう感情はわかるかな…。よく笑う人って、危機回避のためみたいなものがあったりすると思うんですよね。笑っているけど、実際は別の感情がそこにはあって。演じながら、なんでモモは笑って耐えていたんだろうなと思っていたところが、ここまで演じてただ耐えていたわけではないんだと分かり、いろいろと腑に落ちた部分はありましたね。お母さんのことが本当に好きだったんだろうなと思います。
小野:八田の場合は、基本的に思ったとおりに言葉にしたり行動したり表現するんですよね。ただそれだけじゃなくて、意外と細かく描かれているところで、より八田の人間味が出ていてすごくいいなと感じました。共感という点では、栗ちゃんの「見てみぬふりをする方ができない」っていう、その方が辛いって思っているそれはすごく分かるなって思いました。この物語の中の登場人物それぞれに対して、思う部分がある。母であろうとしたお母さんの気持ちや生き方もすごく考えさせられるし、須田にしても、「君だけが幸せってわけではない」って寄り添っているのもいいなと思いましたし。
下野:全員じゃないか!
小野:仰るとおり、全員ですね。だからこそ、この作品を通して読みたいなって思う。
下野:みんな強さと弱さを作品の中で出しているから、憎めない部分があるんでしょうね。
―――演じたキャラクターにアドバイスするなら?
小野:んー、営みですね。
一同笑
下野:日々の加減だろ? 本当に気をつけて頂きたいですね。こっちは、どれだけ苦しい目にあっていると思うんだよ。
小野:すみません。体力があり余ってて(笑)。
下野:モモは常識を持て、いや「人間社会に対する常識を持て」ですね。とりあえず、下半身丸出しで外に出るのはダメ。
一同笑
―――なんでも翻訳できる翻訳機を手に入れたら何と話しますか?
小野:僕は、下野さんに使ってみたいですね。
下野:え、俺?
小野:笑いながら話しているときに、本当は何を感じてどう思ってるのか。
下野:何を考えているんでしょうね〜(笑)。
でももし人間の本心を全部知ってしまったら、人間不信にしかならない気がしますよ。どんな人であっても。
小野:それは、そうですね。
下野:でも確かに、いろいろな立場の人間の本心を見てみたい気持ちはあるかな。それ以外だったら、国かな。いや、地球ですね。人間に対して、どう思っているのか興味があります。比較的早い段階で、無理〜!と叫ばれそうですけど(笑)。
―――発売に向けてのメッセージをお願いします。
小野:いよいよシリーズ一区切りという3巻が発売となります。原作ファンのみなさまからしたら、ついに3巻までたどり着いたというところで、楽しみに聴いて頂けると嬉しいなと思います。3巻発売をきっかけに目にされた方にも、是非聴いて頂きたいですね。多くの方に、1巻から改めて楽しんでもらえると嬉しいな。皆さまの応援次第では次の展開があるかもしれないという希望を持って、やっぱりアニメ化までできたら嬉しいですね。次はいつ会えるのかな。では、また来週!
下野:ないよ!今終わったばかりだよ(笑)。
一同笑
小野:一区切りとはなりましたが、また八田たちに出会えると嬉しいなと思います。まずは、このドラマCDをぜひお楽しみください!引き続き原作と合わせて、応援をよろしくお願いします。
下野:3巻となりました。本当に改めて、ストーリー的にも面白く、モモという役を演じることが出来て楽しかったなと感じました。モモの心地よくも小気味良い喋り口調がすごく好きでした。ひとまずのハッピーエンドを迎えましたが、個人的には、八田家の話や栗田家、他にも須田家…は違う意味で心配ですけど、興味があります。
小野:須田家、心配ですね。いろんな意味で大丈夫なのかなって。
下野:須田の奥さんも変わり者だからね。子供の成長も心配だし。まだ知らないこともたくさんあるので、今後、描かれることがあれば良いなぁと思います。合わせて、またモモを演じる機会があるといいなあ。個人的にもすごく印象深い作品となりました。これはもう是非アニメ化して頂きたいです。いろいろとどうやって隠すかという問題があるとは思うのですが、場合によっては一緒に検討しますので(笑)。
小野:フルーツとかうまく使って、あの手この手でいろんな方法がありますから。
下野:それいいね。何かで隠す。きっと缶が多いだろうな。缶ビールから、モモと八田の顔がいろんな方向から出てくる感じで。
小野:大事なところは、消して出ない。
下野:せいぜい胸元くらいだよって。
小野:不自然にならないようにする方法を考えて、常に何かでうまいこと隠す!
下野:でもそうするとギャグなんだよな、完全に。まずは方向性を考えないと。
一同笑
下野:とにかく、まずはこのCDシリーズを、何度も聴いて頂けると嬉しいなと思います。よろしくお願いします。

ご協力ありがとうございました!


ドラマCDは、6月27日発売です

◆特設サイト◆
bnr01.jpg

通常盤
やたもも3-ジャケ表_0401.jpg
★マリン通販初回特典
キャストトークCD
出演:下野紘、小野友樹
最終締切:2019年7月31日
01.jpg


★アニメイト初回特典
はらだ先生描き下ろしペーパー
paper3_sample.jpg
02.jpg


◆やたもも2◆
ytmm2_web.jpg
★マリン通販初回特典
キャストトークCD
出演:下野紘、小野友樹、阪口大助
最終締切:2019年7月31日

◆やたもも◆
ytmm1_jk.jpg
★マリン通販初回特典
キャストトークCD
出演:下野紘、小野友樹、安元洋貴
最終締切:2019年7月31日


posted by マリン宣伝チーム at 19:00| キャストコメント・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

【6月14日発売予定】ドラマCD「性と体と恋の反作用」アフレココメント第2弾公開!

ドラマCD「性と体と恋の反作用」アフレココメント第2弾!

-------------------------------------------

サクラ役:増田俊樹様(以下、増田

ナリ役:寺島惇太様(以下、寺島

-------------------------------------------

収録お疲れ様でした!

―――収録のご感想をお願いいたします。

寺島:久々にナリ君を演じさせていただいたのですが、自分の中にナリがまだ残っていて、すごくすんなりと収録に入れました。今作はミロクの人間っぽいところが出てきて、兄弟として距離が縮まったような、ミロクをかわいいと思うくらいナリに余裕が生まれた感じで楽しかったです。

増田:畠中さんがいなくて寂しかったです。僕、畠中さんが大好きで。よろしくないくらいファンなので。口出ししちゃうんです。なんでこうしないの?とか言っちゃうので。(笑)

寺島:強気なファン(笑)

増田:なので畠中さんと八代さんとも一緒に収録できなかったのは残念でした…。という話は置いておいて、約1年ぶりに続編を皆さんに聴いてもらえるのが嬉しいです。


―――考えていることがわかりやすいミロクとナリ、わかりにくい紀一とサクラ、ご自身はどちらに近いでしょうか?

寺島:僕はナリみたいに顔に出やすいですね。いつもニコニコしているんですけど、乗り気の時のニコニコとそうじゃない時のニコニコがわかるって、最近マネージャーさんに言われました。バレてます(笑)

増田:僕はムスッとしているのでわかりにくいと思われがちですが、少し長く付き合ってもらうと、いま楽しんでるなーとか、いまふてくされてるなーというのが割とわかりやすいと思います。


―――お互いにはどう思いますか?

増田:わからないタイプだと思ってます。常に笑顔の人はわからないですよ。

寺島:(笑)

増田:なにか考えがあっての行動ですから!常に笑顔の人は強い人間です!

寺島:ありがとうございます(笑)。さっき彼が言ったように、僕は会った最初の時よりわかるようになってきました。この現場楽しいんだなーって(笑)

増田:それだと楽しくなさそうな現場があるってことですか!(笑)

寺島:いやいや!(笑)研ぎ澄ましてるときと、ユーモアモードの時があるなって!


―――「めんどくさい」と言われ続けている紀一ですが、ご自身のめんどくさいところは?

増田:全部です。

寺島:(笑)

増田:周りによく言われるので「僕めんどくさいんです」って自己申告してましたけど、最近、自分で本当にめんどくさいなって(笑)

寺島:僕は調子に乗ってない感を出す癖があるんです。褒められても、「いやいやいや」って謙遜するんですけど、でも他人が僕を過小評価してくるとイラっとしちゃう。「たいしたことないです」って自分で言ってるのに、誰かに「寺島くんたいしたことないよね」って言われると、「あぁ?!」っていう(笑)すごいめんどくさい!


―――作品を待ってくれているファンの方へのメッセージをお願いします。

寺島:皆様の応援のおかげで続編を演じさせていただけました、ありがとうございます。前作でミロクと紀一の恋愛が気になった方が多いと思いますが、今作はそれがたっぷり聴けるのでお楽しみください。前作で結ばれたナリさんとサクラさんのその後も聞けるので、シリーズファンの方にも楽しんでいただけると思います。今作を聴いてから、また前作に戻っていただいても楽しいと思うので、ぜひ2枚ともたくさん聴いてください!

増田:待望の続編です!楽しんで貰えたら嬉しいです。僕たちも頑張りましたので、ぜひよろしくお願いします!

SBL2-1.jpg

ご協力ありがとうございました!

ドラマCDは、6月14日発売予定です!

◆特設サイト◆
totono2_bnr2.jpg

◆特定法人限定特典付き初回限定セット◆
141407910.jpg

★封入特典
・初回限定盤CD(disc2に特典トラック「南瓜の馬車でキスを」を収録)
・特製小冊子(描き下ろし漫画16ページ掲載)


★マリン通販初回特典
キャストトークCD
出演:八代拓、畠中祐、増田俊樹、寺島惇太
締切:2019年7月31日
01.jpg


◆特定法人限定特典付き初回限定セット アニメイト限定盤◆
resize_image.jpg

★封入特典
・差し替えジャケットカード
・初回限定盤CD(disc2に特典トラック「南瓜の馬車でキスを」を収録)
・特製小冊子(描き下ろし漫画16ページ掲載)
(特典CD&小冊子は全仕様共通の内容です)


★アニメイト渋谷店&仙台店&オンラインショップ初回限定特典
かさいちあき先生描き下ろしペーパー
フェアペーパーサンプル告知.jpg

02.jpg


★コミコミスタジオ初回限定特典
かさいちあき先生描き下ろしペーパー
コミコミペーパーサンプル告.jpg
ご予約はこちら
posted by マリン宣伝チーム at 12:17| キャストコメント・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

【6月14日発売予定】ドラマCD「性と体と恋の反作用」アフレココメント第1弾公開!

ドラマCD「性と体と恋の反作用」アフレココメント第1弾!

-------------------------------------------

紀一役:八代拓様(以下、八代

ミロク役:畠中祐様(以下、畠中

-------------------------------------------

収録お疲れ様でした!

―――収録のご感想をお願いいたします。

畠中:すごく緊張しました!正直、まだあんまりBLの経験がないので、どういう風に拓を受け止めたらいいのかって。

八代:俺?(笑)

畠中:いろいろ考えることも多くて緊張しましたが、流れに沿って演じていったら、ミロクの気持ちの揺れや人間くさい部分を演じるのが楽しかったです。ミロクが悩んでいる揺れが、演じていて苦しいけど楽しい瞬間がたくさんありました。

八代:今回、紀一たちにスポットが当たってまた演じさせていただけたのが嬉しかったです。シナリオを読んでいて、二人のどちらかに本当のことを教えてあげたくなるくらい、紀一とミロクの気持ちの通らなさがもどかしくて、演じていてももどかしかったです。最後に二人が気持ちを言い合っても、そこでもまだすんなり「好き!」「僕も!」「じゃあ!」みたいにならないのが、この2人おもしろいなぁと思って演じました。


―――紀一とミロク、どちらと仲良くなれそうですか?

畠中:うーん。悩む……でも紀一好きだなー!紀一、とっつきにくいけど、一番変化がありそうというか、一番振り回してくれそう。

八代:振り回されたいの?

畠中:振り回されたいというか、好きな人のために走ってきてくれるような素直さとか、すごい純なところもあるのに、それをあんなにも出さなくて、小出しにしてくるところが、紀一いいなー!って思っちゃう。

八代:不安にならない?

畠中:不安になるのも全部ふくめて、紀一がいい!紀一のことを知っていく過程では、不安になるのもワンセット!

八代:友達だったら、最終的にすごく仲良くなるのは紀一君みたいなタイプかも。あるあるかもしれないけど、すごく仲良くなる人って最初の印象すごく悪かったりして。何考えてるかわからないって思うけど、紀一くんも実は一途だし。でも、恋愛って考えたらミロクくんの方がいいな。

畠中:そうだよなー!恋愛だったら確かに!

八代:紀一くん相手だと折れちゃうかも(笑)。紀一くんわかんない!ってなるかも。

畠中:そうだね。1年付き合ってもそうだったらちょっとキツイね。

八代:そういう意味で、ミロクくんの方がかわいいなーって。

畠中:わかりやすいよね。しっぽ振ってる!嬉しいのか!ってわかる(笑)!

八代:すごい悪態ついてるけど、後ろですごくしっぽ振ってるみたいなね。でもそれを知らんぷりしたい。

畠中:それ紀一じゃん!お前が紀一だ!

八代:いや、知らんぷりっていうか、「そうだねー」って眺める。

畠中:放置じゃん!それ、このしっぽ振ってる気持ちどうしたらいいの?

八代:でも振ってるの本人は隠してるから!

畠中:バレちゃってるけどね。スルーするのか(笑)。

八代:かわいいなーって(笑)


―――「めんどくさい」と言われ続けている紀一ですが、ご自身のめんどくさいところは?

八代:負けず嫌いで嫉妬もするタイプなのに、それでいて人に嫌われたくないところ。

畠中:めんどくさい!

八代:そんなストレートにめんどくさいって(笑)。でも「負けず嫌い」も「嫉妬」も「人に嫌われたくない」も、みんな持ってそうだよね。

畠中:みんな持ってると思う!

八代:でもたまにいるんですよ。負けず嫌いなのを出せる人。潔いなー!って。

畠中:俺は…めんどくさいのは……うーん。こういう風にすぐに言葉が出てこなくて誰かに拾ってもらわなきゃっていうのもそうなんですど。

八代:(笑)

畠中:あ!察してほしい!

八代:うわ!めんどくさい!(笑)

畠中:察してほしいの!

八代:えー?!そうなの?!

畠中:「いいよいいよ」っていうけど、「いや、本当はダメだよ」って思ってるの察してほしい。出てるから、多分!

八代:めっちゃ意外!

畠中:察してほしいって思ってるの、自分で気づいちゃった。

八代:最近?

畠中:そう。俺、なかなか言葉で言わないなって思った。本当に怒ったときほど言わない。まだ関係が浅い相手には言えるけど、深くなるほど言えなくなる。だから小学校から付き合ってる友達とかには全然言えない。

八代:逆な気がするけどね。

畠中:察してほしい。

八代:あぁ!これくらい俺と関係性があるんだからって。

畠中:言わなくてもわかるだろ!って。

八代:うわ!めんどくさい!めちゃめちゃめんどくさい!面白い!

畠中:自分でもなんとかしたい。ちゃんと言いたい。

八代:意外です(笑)。


―――家賃収入で生きているミロクのように、何もしないでラクに生きていけるとしたら?

八代:実際自分がものすごい弱い人間だから、そんなことになったらハングリ−精神なんて消え去ると思う。

畠中:本当に?!

八代:そんなにハングリーの塊だと思ってた?

畠中:かなりハングリー精神強いと思ってた!

八代:それは、これまでに色んな負けがあるからじゃん、絶対!勉学だとお姉ちゃんにはずっと勝てなかったし、スポーツでもやりたいポジションできなかったり、そういう色んなのがあるから。でもそういうのが全部ふっとんだら怖いよね。俺どうなるんだろね。たぶん…ずっとYouTubeとか見てるかも。

畠中:全然想像できない!!

八代:普通に見るのはいいけど、もうずっと見るよね。起きてYouTube見て、ご飯食べてYouTube見て、また寝て起きてYouTube見てって。

畠中:嘘でしょー。

八代:稼ぐ必要もないんでしょ。俺の場合だと、やりたいこともなくなっちゃいそう。

畠中:信じられない!俺は逆。外に出る。遊ぶ!旅行!お金も時間も有り余ってるでしょ。どこ行こう。月行く?

八代:月?

畠中:プールの練習期間もたっぷりあるでしょ?

八代:無重力の練習ね。宇宙飛行士になるってこと?

畠中:なんか別の夢追いたくなるよね。お金で時間が買えるならなんでもやる!

八代:宇宙飛行士はお金でどうにもならないけどね(笑)。でも旅行いいよね。

畠中:いいよね。パスポート片手にバッグだけ持って、着替えも2日分くらいだけで、あとは現地調達でグランドキャニオン行って、それでグランドキャニオン回ったりとか。

八代:いまグランドキャニオンで一泊したよ、ダメだよ、泊まれないよ(笑)!

畠中:公園だからね(笑)。でもお金と時間がたっぷりあるなら、こういうことやりたい!


―――八代さんが旅行に行くとしたら?

八代:イングランドですね。僕サッカーが好きなので。

畠中:このトーク長いですよ。

八代:だるそうに言うなよ!

(※以下、スタジアムへの熱い思いを語っていただきました!)


―――作品を待ってくれているファンの方へのメッセージをお願いします。

畠中:2人の人間味が前作よりもっともっと出てきて、二人の関係がもどかしくて、僕も読んでキュンキュンしたので、それをボイスでちゃんと伝えられるようにお正月たっぷり時間を使って考えました。それを皆さんと共有できたら嬉しいです。

八代:前回からの流れがあって、また新しいストーリーを演じさせていただいたのがありがたいです。僕も読んでいて色んな感情の動きがありながらも、シンプルに二人かわいいなーって思うシーンがたくさんあったので、そういうところを原作もCDも皆さんに楽しんでもらえればと思います。よろしくお願いします。

SBL1-2.jpg

ご協力ありがとうございました!

ドラマCDは、6月14日発売予定です!
◆特設サイト◆
totono2_bnr2.jpg

◆特定法人限定特典付き初回限定セット◆
141407910.jpg

★封入特典
・初回限定盤CD(disc2に特典トラック「南瓜の馬車でキスを」を収録)
・特製小冊子(描き下ろし漫画16ページ掲載)


★マリン通販初回特典
キャストトークCD
出演:八代拓、畠中祐、増田俊樹、寺島惇太
締切:2019年7月31日
01.jpg


◆特定法人限定特典付き初回限定セット アニメイト限定盤◆
resize_image.jpg

★封入特典
・差し替えジャケットカード
・初回限定盤CD(disc2に特典トラック「南瓜の馬車でキスを」を収録)
・特製小冊子(描き下ろし漫画16ページ掲載)
(特典CD&小冊子は全仕様共通の内容です)


★アニメイト渋谷店&仙台店&オンラインショップ初回限定特典
かさいちあき先生描き下ろしペーパー
フェアペーパーサンプル告知.jpg

02.jpg


★コミコミスタジオ初回限定特典
かさいちあき先生描き下ろしペーパー
コミコミペーパーサンプル告.jpg
ご予約はこちら
posted by マリン宣伝チーム at 17:42| キャストコメント・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする