2018年05月03日

【7月13日発売予定】ドラマCD「アワーハウスラブトラブル」アフレココメント第1弾!

ドラマCD「アワーハウスラブトラブル」アフレココメント第1公開!!
----------------------------
響役:興津和幸様(以下、興津)
のの彦役:松岡禎丞様(以下、松岡)
要役:中島ヨシキ様(以下、中島)
勇助役:野上翔様(以下、野上)
馨役:村田太志様(以下、村田)
----------------------------
お疲れ様でした!

―――収録の感想をお願いします。
野上:僕は、BLに出演させて頂く機会がまだ少なく、原作がある作品に出演させていただくのは、今回が初めてでした! 原作BL童貞を、この作品に捧げました!
中島:少ない出演作品ということですが、全部僕が相手役です。今回も、美味しく頂きました(笑)。
一同笑
野上:言うな言うな。
興津:縁があるんですね。
中島:BL初めても原作BL初めても、奪ってしまいました。これは、自慢ですね(笑)。
野上:全部、奪われました(笑)。
一同笑
野上:今回演じた勇助くんは、すごく可愛くて、リアクションとかも大きかったりと、良い意味でわかりやすいキャラだったので、力いっぱい楽しく演じさせて頂きました。ぜひまた機会があると嬉しいなと思います。
中島:おわる先生作品に出演させて頂くのが、2作品目ということで。前回は、可愛らしいちょっとセクシーな受けの男の子を演じさせて頂きましたが、今回は、真逆のガラっと雰囲気の変わって、無骨で無口で職人気質なとても穏やかでとても優しいと見せかけた、実はとても変態な要さんでした(笑)。先生の描かれるキャラクターのギャップみたいなのがすごく感じられる役で、読んでも面白いんですけど、声に出すと楽しいセリフがたくさん散りばめられてて、役者として演じながらとても楽しかったです。
興津:聴いてても、超楽しかったよ。
中島:ありがとうございます。
一同笑
野上:あ、言い忘れたけど、好きなセリフあった。
中島:お?言っとけ言っとけ。
野上:(咳払いをして)「でっかいち○ぽ」
中島:やめろやめろ。声がでけぇぞ。
一同笑
興津:なかなか「ち○ぽ」って言わないよね。
野上:なかなか言わないですよね。
中島:僕、前回出演した作品で、言いました。「ご主人様のおち○ぽ」って。
興津:おわる先生作品ならではの、セリフということで。
松岡:……これ、書けるの?
一同笑
中島:○を駆使して頂きましょう!
興津:『エグゼクティブチャラ眼鏡』をどうやって演じようか、社長だけど40歳、50歳ってわけじゃないから、若くして成功した男ってどんな感じなのかなと。あと、2丁目にフラッと行って、お気に入りの子がいっぱいいるっていうことが、俺にはない部分だから、想像力を働かせて頑張りました。
一同笑
興津:2丁目もそんなに行ったことないからね。
中島:そんなに…?
一同笑
興津:Barには、何度か。
野上:Bar、いっぱいありますよね!
興津:そうそう。
中島:僕も、2丁目行ったこと何回かあります。
野上:へぇ〜!
興津:だいぶ酔って目が覚めたときに、目の前に真っ赤な服を着たドラァグクイーンの方がいて、ここはドコだ?って一瞬戸惑ったら、「あんた大丈夫? 帰った方がいいわよ」って声をかけてくれて。
野上:優しい…!
興津:それが、2丁目の最後の思い出ですね。すごいポップで、楽しいお店でした。

松岡:えーっと、演じた感想ですか…?
興津:うん。2丁目に行った感想じゃないよ?
一同笑
松岡:のの彦くんは、純粋で、とにかくピュアッピュアなんですよね。人に流される部分もあるんですけど、自分もしっかり持ち合わせている。優しさと純真さが入り混じった凶悪な性格をしてるんですよ。
一同笑
松岡:本当に、魅力的な男の子ではあるんですが、無事に就活も終え、これから就職して働いていくので、気をつけて頂けたらなと思うんですよね。本当に。(力強く)
中島:社会人1年目ですからね。
興津:すっかり親御さん的な、見守る人に(笑)。
一同笑

村田僕の考えてきた馨さんが、おわる先生をはじめとした皆様にどう映るかドキドキでしたが、受け入れていただけてよかったです!先ほどスタッフさんから、作中コミカルなシーンが多数ある中でも馨さん登場シーンで笑いに包まれる瞬間が多かったと聞きました。馨さんはビジュアルが女性と見紛うくらい綺麗で、でもヤンキー気質も持っているという面白いキャラクターです。僕の持てるすべてを出し切って演じさせて頂いたので、とても嬉しくなりました!


第2弾もおたのしみに…!

◆特設サイト◆
bnr01.jpg

特定法人限定特典付き初回限定セット
★封入特典
ミニドラマCD(原作「trouble5」収録予定)
描き下ろし漫画掲載小冊子
★マリン通販初回特典
キャストトークCD
出演:興津和幸、松岡禎丞、中島ヨシキ、野上翔(予定)
1次締切:2018年6月7日
01.jpg

特定法人限定特典付き初回限定セット アニメイト限定盤
封入特典
ミニドラマCD(原作「trouble5」収録予定)
描き下ろし漫画掲載小冊子
★アニメイト限定盤封入特典
差替えジャケットカード(予定)

02.jpg

posted by マリン宣伝チーム at 18:00| キャストコメント・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

【12月22日発売予定】ドラマCD「赤のテアトル」アフレココメント第3弾 公開!!

お待たせいたしました!
「赤のテアトル」のキャストコメント第2弾をご紹介いたします。


------------------------------

ユーリ役: 中澤まさとも様(以下、中澤)
アダム役: 濱野大輝様(以下、濱野)
ミハイル役: 山中真尋様(以下、山中)
カルロス役: 浜田賢二様(以下、浜田)

------------------------------

―― ドラマCD発売に向けてのメッセージをお願いします。

中澤: 
なんとCD2枚組です! 2枚合わせて聞くと丁度映画1本分くらいの時間になると思います。コミックスと照らし合わせながらドラマCDを楽しんで頂くのもよいかと思いますし、頭の中のイメージを膨らませて楽しんで頂くのもよいように感じます。部屋を暗くして、ポップコーン片手に映画館にいるような気持ちで聞いていただくのもいいかもしれませんね。
濱野: ……ポップコーンを食べながらだと、ヘッドフォンやイヤホンでお聴きの場合には、ゴリゴリという音が反響するので気を付けた方がいいかもしれませんよ(笑)。
中澤: あっ、本当だ(笑)! 咀嚼音がね(笑)! あとポップコーンを食べながらコミックス片手にCDを聞いていると本を汚してしまうかもしれないので、気を付けてくださいね! ティッシュやゴム手袋をするなど(?)気を付けて、作品を堪能してください!

濱野: 『赤のテアトル』は、まるで映画のような雰囲気の作品となっています。まずは純粋にストーリーを追って楽しんでいただき、さらにそのあとでユーリやアダム、ミハイル、カルロス、それぞれの視点でお話を見つめ直すと、さらに新しい気付きがあるかと思います。掘り下げれば掘り下げるだけ発見のある作品になっているように感じますので、よろしければ繰り返し聞いて頂けると嬉しいです。僕の中でも、アダムは新たな挑戦をさせて頂けたキャラクターでした。一筋縄ではいかない登場人物たちが繰り広げる愛憎のドラマを、是非楽しんで頂けると嬉しいです!

山中: キャラクターの濃さもあり、何度聞いても楽しめる作品になっているのではないかと思います。中澤さんもおっしゃっていますが、色々な聞き方でこの作品を味わって頂けたら嬉しいです。コミックスと合わせて、是非よろしくお願いします。


浜田: 大ボリュームの作品になっています。ドラマもしっかりしているので、聞きごたえがあるものになっていると思います。原作ファンの方にはいろんなイメージがあると思いますが、一つのドラマの形として楽しんで聞いて頂けたら嬉しいです。よろしくお願いします。


―― ありがとうございました!!


-------------

ドラマCD「赤のテアトル」は、本日発売!! 

☆特定法人限定ミニドラマCD付き初回限定セット アニメイト限定盤
ご予約はこちらから!!

akanoteatre_ani_image.jpg

封入特典:
緒川千世先生描き下ろし漫画掲載差し替えジャケットカード&特典ミニドラマCD(メインキャスト4名出演)


☆特定法人限定ミニドラマCD付き初回限定セット
ご予約はこちらから!!

akanoteatre_jk_web.jpg

マリン通販特典:
キャストトークCD&特典ミニドラマCD
<出演>中澤まさともさん、濱野大輝さん、山中真尋さん、浜田賢二さん

-------------
re_akano_HP_bn.png

試聴PVも公開中です!

原作コミックスも好評発売中です!
cover.jpg

posted by マリン宣伝チーム at 13:33| キャストコメント・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

【12月22日発売予定】ドラマCD「赤のテアトル」アフレココメント第2弾 公開!!

お待たせいたしました!
「赤のテアトル」のキャストコメント第2弾をご紹介いたします。

------------------------------

ユーリ役: 中澤まさとも様(以下、中澤)
アダム役: 濱野大輝様(以下、濱野)
ミハイル役: 山中真尋様(以下、山中)
カルロス役: 浜田賢二様(以下、浜田)

------------------------------

―― キャラクターの印象や、印象的なセリフを教えてください。
中澤: ユーリは、本編中ずっと糸を張り詰めて、張り詰め続けて……極限的な緊張感の中にいる危うさがありますよね。そんな過酷な精神状態の中で、愛するアダムのために必死に頑張ろうと体を張る姿が、純粋に愛おしく見えました。コミックスを読んだ時に、僕は<このラストをいかに温かく見せるか>がユーリを演じる上でのポイントになるのではないか、と感じたんですね。なので、ラストにたどり着くために、キツい、張り詰めている状態をお芝居で表現できるように意識しました。

濱野: そうなんですよね。途中のツラさや苦しみが、あのエンドによって報われるから……本当に、安心しますよね。

中澤: そうなんだよね……本当にあのラストがあってよかった……。あと印象的なシーンというと、アダムが「ガレをイメージしたんだ」といって靴を作っている場面ですね。個人的な話になってしまうんですが、僕、もともとエミール・ガレが大好きなんですね。美術館でとあるランプを見て……それが本当に美しいランプでしてね……だから、自分が出演させていただく作品でガレの名前が出てきたことにちょっとした運命性を感じてしまって……そういう意味でもこの作品にはご縁を感じましたし、強く印象に残りました。

濱野: キャラクターへの印象というところだと、アダムに関しては、自分が置かれた環境に順応するために年相応の純粋さをそぎ落として、大人びて背伸びしているような印象がありますね。ただそんな中でも、自分の中の欲望や叶えたい夢という純粋で無垢な感情は確かに残っていて……彼の中で、純粋なものとそうでないものが混在しているんですよね。一見何を考えているのか分からないし、すごく残酷なことを突きつけるキャラクターだと思うのですが、内面を掘り下げていくとそういう人間くさい部分が見えてくるのが魅力だと思います。印象的なセリフというと、特にユーリのセリフは印象的なものが多かったように感じました。「こんなに醜くなってしまった」というところは、とても生々しい感情だな……と思いますね。

山中: ミハイルはやっぱり掴みどころがないって言うのが一番の印象ですよね。でも、飄々としていて時には冷徹と言われる男が、何一つ見捨てることなく、その身一つでアバルキンを背負っている……そこに彼の生き様や信念を感じています。ほかにも、ユーリとアダムを取り囲む大人たちがまたキャラクターが濃くて……! 彼らがいることで、より一層ユーリとアダムの純粋さを際立たせているようにも思えましたね。

中澤: 分かる! 周りの人達、濃いですよね!?

濱野: そうなんですよ! 下心がすごい見え見えなんですよ……!

中澤: だからね、ドラマCDを聞いていると下心をもって近づいてくる大人たちに対して聞き手の皆さんも嫌な感じを覚えると思うんです。悪い大人がまた近づいてきたな〜って……。でもその「嫌な感じ」って、実は正解なんですよね。このお話があのラストへ向かっていくためには、その「嫌な感じ」や、「悪い大人」である彼らは絶対に必要なんですよ!

山中: そうなんだよ〜! 本当に魅力的なキャラクターばかりですので、是非、ユーリが落としていく大人たちにもご注目頂けると嬉しいですね。

浜田: 僕の中で印象的なセリフというと、ミハイルの「以前のカルロスは優しすぎたからパートナーにはできない」という一言ですね。優しいだけじゃだめなんだ、強さがないといけないんだな、と思い知らされました。優しいって難しいですよね。厳しさが優しさだったりする時もあるしなぁ。「一緒に楽しく!というだけでは、この先やっていけない」という考え方をもっているミハイルは、パートナーに対してものすごく現実的な目線をもっている人なんだと思います。確かに、優しいお坊ちゃまというだけでは生涯を添い遂げるパートナーとしては難しくて……時を経た今、カルロスは立派になったわけですが、彼を育てたのはやはりミハイルってことになると思うと、感慨深いものがありますね。一度谷底にたたきつけられたカルロスが這い上がってくるのをミハイルは高い場所からずっと待っていたんだと思うと、すごい話だと思います(笑)。

―― ありがとうございました!!


-------------

ドラマCD「赤のテアトル」は、
2017年12月22日発売予定!! 好評予約受付中です♪

☆特定法人限定ミニドラマCD付き初回限定セット アニメイト限定盤
ご予約はこちらから!!

akanoteatre_ani_image.jpg

封入特典:
緒川千世先生描き下ろし漫画掲載差し替えジャケットカード&特典ミニドラマCD(メインキャスト4名出演)


☆特定法人限定ミニドラマCD付き初回限定セット
ご予約はこちらから!!

akanoteatre_jk_web.jpg

マリン通販特典:
キャストトークCD&特典ミニドラマCD
<出演>中澤まさともさん、濱野大輝さん、山中真尋さん、浜田賢二さん

-------------
re_akano_HP_bn.png

試聴PVも公開中です!

原作コミックスも好評発売中です!
cover.jpg

posted by マリン宣伝チーム at 12:18| キャストコメント・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする