2019年09月19日

【11月29日発売予定】ドラマCD「よるとあさの歌Ec」アフレココメント第1弾公開!!

ドラマCD「よるとあさの歌Ec」 アフレココメント第1弾!
------------------------------
朝一 役:松岡禎丞 様(以下、松岡
ヨル 役:佐藤拓也 様(以下、佐藤
カヨイ 役:中澤まさとも 様(以下、中澤
布津役:八代拓 様(以下、八代
------------------------------
収録お疲れ様でした!
―――収録を終えての感想をお願いします。
松岡 前回の収録から3年という月日が経っているということで、久々に演じさせていただきました。前に演じたとき、とても印象に残った作品で、主に砂利入りローションのおかげですが…(笑)。
一同笑
松岡 本当に、あのシーンが忘れられなくて(笑)。またこのみんなで演じることができて、すごく楽しかったです。
中澤 今回はそんなに痛い思いもしなかったしね(笑)。
松岡 そうですね(笑)。ハッピーなシーンが多くて、とにかく楽しかったです!
佐藤 僕はですね、バンドも前に進んでいたし、朝一とヨルの関係も安定感が出てきてすごくホッとしました。なんだかんだ朝一はいい意味で変わらないし、こいつ馬鹿だな〜って思うこともありますけど、こういう人が僕的にはちょっと羨ましく思えることもあるんですよね。自分にないところをたくさん持っているので。今回こうやって再び、ヨルを通して朝一と関係性を作らせていってもらえて、すごく幸せな気持ちになりましたね。アンコールとして、演じられて幸せでした。
中澤 3年ぶりということですが、僕もあまり久しぶりという感じがしなかったです。あと、カヨイ目線でお話を見ていると、とにかくバンドが安定してよかった! 今回、元ベースのユージが初めて登場しましたが、元々彼がメンバーだったのかと思うと、本当に胃が痛かっただろうなカヨイ…と思ってしまいました(笑)。このアンコールでも、恋愛とは別の軸の話も深く掘り下げられていたので、そういう紆余曲折を通してさらに絆が深まっていくところが見られたので、非常に楽しく演じさせていただくことができました。
八代 バンドメンバーのお話しだったなとか、この作品の世界観がすごく印象に残っていたんですけど、3年もの月日が空いていることに驚きました。こうやって、また布津くんを演じることができるのはすごく嬉しいですね。実際演じてみると、ものすごく久しぶりに感じて、空いた分だけ再び出来る嬉しさや楽しさがより大きかったです。

―――印象に残ったシーンや台詞はありますか?
中澤 はい! 朝一が目をやられるところです!
一同笑
佐藤 目がぁぁぁ! っていうところね!
中澤 そこです!
松岡 どこかで聞いた話ですが、あれ、すごく痛いらしいですね(笑)。目からすると本当に異物なのですかね?
佐藤 よせ!!
一同笑
佐藤 僕は、合鍵を渡されたところはヨルとして嬉しかったので、とても印象に残っています。理由はどうあれ、合鍵を渡してもらえるっていうのは1歩も2歩も前に進んだ気がするじゃないですか。「同棲…!」という台詞は、演じていて僕も一緒になってドキドキしました。
中澤 あのシーンは、朝一がヨルに甘々になってましたよね。
一同うなずき
松岡 僕は、ちゃんと朝一なりに将来のことを考えてぐるぐるとした結果、うっかり歌詞が飛んでしまった…というところですね。この子本当に成長したなと思えるシーンなので印象に残りました。あとは日留川さんが怖かったです(笑)。原作の「へぇ」と
いうところがすごく怖くて…。
佐藤 昔怖かった人って、今優しくてもちょっとだけ名残を感じるところあるもんね(笑)。
中澤 喧嘩が最終手段の人こわいわぁ(笑)。
佐藤 伝説のフルスイング事件とか、詳細が知りたくなりました。
一同笑
松岡 印象に残っているシーンばかりなので、全体を通して楽しんでもらえたら嬉しいですね!
八代 朝一がヨルに対して、ある意味で脈略なく、マンガのほうだとコマ的には大きくて、でもフキダシは小さく「好き」って言いているシーン。原作を読んでいた時にすごく印象に残ったシーンで、今回のアンコールは比較的ヨルが朝一に好きを示すシーンが日常的に多く描かれている中で、結構終盤で朝一が多分小声で「好き」って言ったのが、なんて素敵なカップルなんだろうと思って、すごく印象に残っています。朝一はそういうのを伝えることがやっぱり恥ずかしくて、その恥ずかしさがあのフキダシの小ささだったと思うんですよね(笑)。

―――布津くんが自分だけ独り身だから寂しいと言っちゃうくらい、ラブラブでしたね
八代 そうですね。カヨイにも言われてましたけど、「期待していないからそのままでいいよ」とか言ってましたけど、そういうのも含めて全部布津くんはそのままで良いんじゃないかなって思いますね。バンドの中に一人布津くんみたいな人がいるのも、バンドの良いガス抜き…になっているんじゃないのかな。あまりにもガチガチだと息が詰まっちゃうと思いますし、バンドってやっぱり個性が集まってると思うので、その中にょっと抜けてライトなノリの人がいるとまたそれはそれで良いのかなと思いますね。演じる上でも、そこは考えていました。

ドラマCDは、11月29日発売予定です

◆特設サイト◆
banner05.jpg

◆アニメイト限定盤◆
web_ani.jpg
【セット内容】
本編CD+描き下ろしまんが4Pブックレット
02.jpg

■マリン通販限定セット
web_JacketCard2.jpg
【セット内容】
本編CD+ピックアクセサリ+差し替えジャケットカード
↓↓サンプル画像↓↓
sample.jpg

01.jpg

通常盤
JacketCard.jpg

【マリン通販初回特典
キャストトークCD
〇出演〇
松岡禎丞&佐藤拓也
《第1次締切》2019年10月28日まで
《第2次締切》2020年1月10日まで

※初回セット&通常盤どちらをご予約いただいても、
キャストトークCDをプレゼント!!




posted by マリン宣伝チーム at 12:00| キャストコメント・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする