2019年02月15日

【3月29日発売予定】ドラマCD「それでも俺のものになる Qpa edition」アフレココメント第1弾公開☆

ドラマCD「それでも俺のものになる Qpa edition」アフレココメント第@弾公開!!

----------------------------
榊 明斗役:佐藤拓也様(以下、佐藤
伊月結弦役:内田雄馬様(以下、内田
----------------------------
収録お疲れ様でした!

―――収録の感想をお願いします。
佐藤:楽しかったです。収録中ずっと楽しかった。
内田:本当にそうですね。あっという間の時間でした。
佐藤:ほんと、あっという間に感じたなぁ。
―――作中、気になったキャラクターを教えてください。
佐藤:今回、あまり直接的な絡みはなかったんですけど、伊月の同級生の優聖は、やっかいな感じがしますよね。
内田:含み強めでしたよね。
佐藤:かわいい顔して、今後2人の障害になる可能性をすごく感じました。
内田:わかります。その気配がかなり強めでした。
大和と久世さんも気になりますね。今回の登場は少なかったですが、この2人とどんな風に絡んでいくのかなって。今回、伊月は大和さんからはいい絡み方をされてないですから。
一同笑
内田:今後、仲良くなるのかなぁ?
―――キャラクターに共感したところは?
内田:伊月さんは、非常に純粋な人なんですよね。淡白な感じに物事を捉えているようで、根底にある熱い部分は、先輩との再会でむき出しにされてしまう。本来の感情というか失っていたものがあったので、先輩の言葉をいっぱい聴くことによって移り変わって、表情豊かにいろんな感情が出ていく作品で、演じていて楽しかったです。伊月は影響を受ける側だったのですごく、榊さんの言葉がすごく重かったし、自分としても考えさせられる言葉がありました。僕自身も昔音楽をやっていたこともあり、音楽に対して「よくわからないけど、すごく気持ちよかったな」や「今日の音は最高だな」と、音に包まれて感じる表現しにくい感覚っていうのがすごく理解できるなと思いました。
佐藤:榊さんは、指揮者として統率をとり楽器の世界を創る方で、音楽の表現者であり、僕自身もお芝居を通して表現をする者です。皆さんに知ってもらったり、良さを見聞きしてもらったりするためにどうやればいいのか。どう伝えたら届くのかを思案する想いという部分で、榊の言葉にすごく共感できるなと思いました。好きだからこそ、知ってもらいたいからこそ努力をする。それに向かって具体策を講じて、苦心する姿は共感できますね。演じる上で、榊さんの指揮者の面と個人としての面がちゃんといてくれたのが嬉しいなと思います。結構はっきりとまっすぐ伝えるんですよね。好きな人を好きと言えるのがいいな。その想いが伝わり切らず、爆発しちゃったりするんだけど(笑)。
内田:でも本当、榊さんカッコいいんですよね。直球な言葉が刺さるなって。
―――日常に使えそうなセリフありましたか?
内田:いや、日常は無理です。というか、榊さんが使う言葉を日常で使ってたらやベーヤツです。
一同笑
佐藤:わかる。セリフでは言えても、自分が日常で使うのは無理だなって思う。
内田:榊さんぐらいカッコよくないと、あれは言えないですよね。作中、すごく刺さったセリフがあったんですよ。なんだっけな…、すぐ思い出せないんですけど(笑)。
佐藤:たとえば、榊が伊月に向かって「しっかり聴いとくように」って伝えた上で、颯爽とステージに向かいましたけど、俺は絶対言えないです。
内田:分かります。恥ずかしいですよね。あんな自信満々に言えたらカッコいいんですけど。
佐藤:そう。恥ずかしくなっちゃう。自分がどんなに好きな芝居とか、パフォーマンスだとしても言えないな。
内田:そうですよね。言えないです。
佐藤:多分、口に出したとたんに、お前何言ってんだよ! 目を覚ませ!って、自分に言っちゃうと思う。だから自分では言えないけど、第三者としてみる分にはカッコいいなと思いますね。
内田:すごくわかります。
佐藤:あと「独占取材なんだから、ちゃんと俺を独占してよ」って言うのが、すごく可愛いなと思いました。
内田:可愛かったですね、たまに甘えてくる榊さん。
佐藤:だって、外国にいたのに、タイミング見計らって今だなって思って帰国したんだから、そりゃもういろんな想いを溜め込んでますよね。
一同笑
内田:印象的だったのが、「なんで俺に?」って聞かれたところ。ああいう状況って、身近に起こりうるなって思いました。榊に質問されて、伊月は答えられなかったんですよ。別に悪いことをしているわけではないし、仕事だから来ているわけだけど、自分に答えがないとなったときの心がギュってなる感じ。伊月は、そこからいろいろ考えた上で、誰にも譲りたくないんですっていうに至った経緯がすごくいいなって思いました。自分もそうやって、その追求する気持ちを持って、お芝居や仕事に取り組んでいかないとなと改めて思いました。つまり、榊さんが放っている言葉はやっぱりカッコいいんです。
佐藤:本当「なんで俺に?」っていうのは毎日だと思う。この仕事は、毎日違う人や物の声を担当させてもらっている。いろんな形で縁をつながせて頂いている。その都度、なんで俺なんだろう?って思いながら、取り組ませて頂いています。


つづく・・・

第2弾は、大和役小野さん久世役白井さんのコメント@を公開予定です♪


ドラマCDは、3月29日発売予定です

◆特設サイト◆
banner02.jpg

アニメイト限定盤
SO_ani_jk_web.jpg
★封入特
高崎ぼすこ先生描き下ろし
@差替えジャケットカード
A4P漫画ブックレット
02.jpg

通常盤
SO_jk.jpg
★マリン通販初回特典
キャストトークCD
出演:佐藤拓也、内田雄馬(予定)
1次締切:2019年2月28日
01.jpg

◆スペシャルCD 大和編◆
大和告知.jpg
『それでも俺のものになる Qpa edition』 収録
Ver.大和の音声化…!

01.jpg

【取扱い店舗】
・アニメイト渋谷
・マリン通販

posted by マリン宣伝チーム at 12:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする