2018年03月12日

【5月2日発売予定】ドラマCD「たどるゆび」アフレココメント第1弾!

◆ドラマCD たどるゆび アフレココメント第1弾
-----------------------------
高瀬修二役:新垣樽助様(以下、新垣)
花村尚也役:阿部敦様(以下、阿部)
相原涼役:興津和幸様(以下、興津)
-----------------------------

収録お疲れ様でした!
―――収録の感想やオススメシーンを教えてください!
興津:かわいかった。メインキャラの2人が本当にかわいらしかったです。
新垣阿部:ありがとうございます。
一同笑
興津:オススメは「少しは見返り求めろよ」「求めてましたよ」っていう、あのやりとりは、ぜひ聞いて欲しいですね。すごくよかったです。
新垣:あったあった。あとは、本編に収録されませんでしたが、「きゅん」っていうセリフが…。
阿部:ありましたね。
新垣:台本読みながら、そこで?ってなって(笑)
阿部:そうそう。言っていいのか、どうなのか。
新垣:きゅん???ってね。
阿部:迷った結果、言いませんでした。
新垣:それが正解でしたね。
興津:どこにあったかは、想像していただきましょう。
一同笑

新垣:最初にテストで演じたとき、仕事じゃないところではもっとぶっきら棒なピリッと怖い感じでという指示を頂きました。そうすると、仕事として人と接するシーンが少ないので、ずっと怖いそのぶっきら棒な感じで演じることになり、これ大丈夫かなって思っていましたが、話が進むにつれて、このぶっきら棒さや怖さが違う風に見えて、その演出が活きてくるんです。自分の中で演じながら最終的に答えに辿りついた感じがあって、すごく面白い体験が出来た収録でした。

阿部:花村くんは、周りが認めてくれてるけど、本人がそれに気づいてないのかな、ちょっと鈍感なのかなと思う部分がありました。なかなか自信を持てないことで、不安な気持ちになったり、卑屈になったりしていましたが、演じていると、花村が思っているよりも周りに認められているんじゃないかなと感じましたね。まあ、そういうマイナス思考が強くなったのは、大体、佐井さんのせいですね(笑)。
一同笑
興津:でも、佐井さんイケメンだったよ。
阿部:そう、イケメンだったね!
興津:いろいろあってああなったけど(笑)。
新垣:佐井さんの今後が心配になります。
阿部:婚約破棄になってたし、何があったの!?って。
興津:俺の勝手な想像ですけど、結婚するぞ!ってなったら、他にも社内に彼女がいるっていうタレコミが入って。噂が広がって、えらい人に呼び出されたんじゃないかな。
新垣:なるほど。やらかしたのは、そういう部分か。
阿部:そっちなんだね。仕事面じゃなくて。
一同笑
興津:急にFAXとか、メールとかで送りつけられてきて。
新垣:怪文書だ。会社に出回っちゃったんだ。
阿部:こわーい。いまどきあるのかな。
新垣:佐井さんは、総務以外にも彼女がいるって書いてあるんだ
興津:そうそう。佐井さんには気をつけろって。
阿部:それ、こわいな。
新垣:気になる人物、佐井さんだね。
阿部:うんうん。

―――女子社員の佐藤が、高瀬は引き抜き組と関係を持っていると話していましたが…。
阿部:あれこそ怪文書ですね。
興津:あれはびっくりです。
新垣:佐藤さん何言ってくれてんの!?ってなりました(笑)。
一同笑

―――ところで、演じられたキャラクターと似ているところはありましたか?
興津:この流れで聞いちゃう?
新垣:いやいやいやいや。 何を求められてるの?
一同笑
新垣:キャラクターと似ているところは、なんだろう。仕事に対して、真面目に取り組んでいるところ。仕事が好きで、こだわりをもって取り組んでるところはすごく共感しますね。お芝居の仕事なので、みんなこだわりの塊なんですけど、高瀬の真摯に取り組む姿がすごくかっこいいなと思ったし、そうありたいと思います。

阿部:俺は、結構逆のタイプですね。花村は、ちょっとネガティブで後ろ向きな考え方が強いけど、自分は割とポジティブなので。でもだからこそ、花村のことを考えながら演じるって言うのが、また面白かったです。自分じゃない誰かになれる仕事って良く言うけど、自分にない部分は、その部分をどう補うかって考えるのが面白かったりします。花村は、繊細な子だなと感じたので、その辺を大切にしながら演じました。

興津:似ているところ…共感できるところは、合鍵を持ってたら、すぐ部屋に入りますね(笑)
一同笑
阿部:やだな、怖いなー。
興津:そりゃ、持ってるんだから。でも、ちゃんと返した方がいいなと思います。
新垣:そうね。
一同笑
興津:あと、彼はやり手ですよ。独立して、しっかりと線引きした上で、仕事に対してストイックに取り組んでますから。そういう姿が、僕にそっくりだなって(笑)。
新垣:なるほどね。
興津:結構調子良い人に見えるんですけど実は…、っていうのがスピンオフの「とろけるくちびる」を読んで頂ければ、相原の内面もわかってきます。意外と弱い部分もあるんですよ、彼も。
阿部:それは、ぜひ音声化しないとね。
新垣:そうですね。
興津:1ページ目から、あ!ってなるから。
新垣:フォーカスあてる人物を変えて、もう一歩深く入って見ると全然違ったりするからね。
興津:そうそう。上辺だけの笑顔で生きてますから、僕は。
一同笑
新垣:え? 僕はって興津くんが?
興津:そうそう。興津が(笑)。
阿部:仲良くなったと思うんだけどな、どうやら違うらしいな。
一同笑

続きは第2弾で公開!
お楽しみに♪

ドラマCD「たどるゆび」は2018年5月2日発売予定!!

特設サイトはこちら☆
bnr_tdl.jpg


★マリン通販初回特典
キャストトークCD
<出演>新垣樽助、阿部敦、興津和幸
01.jpg

★アニメイト限定盤
封入特典
1)描き下ろし漫画ブックレット
2)ジャケットカード
02.jpg



posted by マリン宣伝チーム at 18:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする