2017年04月11日

【4月21日発売予定】ドラマCD「VOID」アフレココメント公開!!


【4月21日発売予定】ドラマCD「VOID」アフレココメント公開!!

-------------------------

マキ役 :川原慶久様(以下、川原)
アラタ役:阿部敦様(以下、阿部)

-------------------------
─── 収録の感想をお願いします。
川原: 台本をいただいてコミックスをあわせて拝読したのですが、重厚なお話であるとともに感情の変遷がとても美しく描かれている作品だというのが印象的で、収録を非常に楽しみにしていました。実際に阿部くんとお芝居をさせていただいて、「心の氷ってこうやってとけていくんだなぁ」ということを自然に実感&体感できる、とてもいい時間を過ごすことができました。有難うございました!

阿部: 2枚組を1日で収録したこともあり非常にボリュームがあったのですが、全編通して演じたことによって感情の変遷をよりリアルに、自然に、お芝居で表現することができたように感じています。聴いて下さる皆様にも、そういった<通しで収録した良さ>が伝わると嬉しく思います!

─── キャラクターの印象や、印象的なセリフを教えてください。
阿部: 「俺とレンを一緒にしないで」というセリフですね。最初マキの元に来た時、アラタは訳も分からずにいたのですが、マキと共に過ごしていくうちにアラタに自我が目覚めていき……そういう流れの中で、アラタに自我が目覚めたことを明確に伝えるのが、このセリフだった印象があります。

川原: 全てが聴きどころなので敢えてひとつを挙げるのがとても難しいのですが、途中でローウェンと話している時に「アラタに対してデトックスでひどいことをしてしまった」と言ったシーンは印象的でしたね。このセリフがあることで、マキは自分の行為(悪事)を俯瞰で、冷静に、客観視できる人なんだな、と感じました。そのセリフを踏まえて、別のシーンにある「今、俺は楽しくて仕方がない」という言葉を考えると、マキがただ単に自分の行為を楽しんでいるわけではないということが分かりますよね。何気ない一言が、実は色々な含みや重みをもっている、とても繊細なお話だなと感じ、同時に、心の機微が繊細なのでどのセリフも疎かにできないな……と思いました。聴いて下さる皆さんにも、すべてのシーン、言葉を楽しんで頂きたいです。

─── 演じる上で意識した点を教えてください。
阿部:ディスク1の一言目のセリフから最後のセリフに至るまでの「感情の変化」を意識しました。アラタに関しては、<自己を確立していく変化>がこの作品の軸になっているので、その部分がより伝わりやすくなるように努めました。あと、アラタは受けではあるのですが、マキに対して様々な影響を与えていく、という意味では非常にアクティブなキャラクターなので、自分の我儘や意思をどれくらいセリフに乗せていくかを意識しました。

川原: 僕の場合は、素直な芝居をしようと考えながらやらせていただきました。阿部くんのお芝居を受けて湧いてくる単純な感情をそのまま出す方が『VOID』の世界には合うのではないかと思ったんです。あるがままに、その時に沸いた気持ちを大事にしながら演じることで、マキの気持ちに近づけるかな……と。実際に本番が始まると、阿部くんのお芝居を受けて自然と感情と芝居がついてきましたね。普段は、ある程度演技プランを立てて現場に来ることも多いので、そういう意味では今回は意識的に自然体で演じることを心掛けました。

─── 発売に向けてのメッセージをお願いします。
川原: 座裏屋先生の描かれたVOIDの世界が本当に素敵ですので、是非漫画とあわせて楽しんで頂きたいです。音がついたVOIDを、是非お楽しみに!

阿部: 内容も濃く、ボリュームのある作品になっています!個人的には一気に聴いて頂けると、感情の変化もよりわかりやすく、繊細に描かれておりますので、一人の男の永久凍土が解けていく様子を聴き届けて頂けると嬉しいです。

ご協力、有難うございました!
void_blog0072.jpg

ドラマCD「VOID」は2017年4月21日発売予定!!

小冊子付き初回限定セット、好評ご予約受付中です!
初回生産分が無くなり次第販売終了となります。
確実にGETして頂く為に、ご予約がおすすめです!

<ご予約>
void_jk_mini.jpg

★特定法人限定小冊子付き初回限定セット
マリン通販初回購入特典:キャストトークCD
【出演】川原慶久さん&阿部敦さん

特定法人限定小冊子付き初回限定セット アニメイト限定盤
セット内容:通常盤CD&特製小冊子&差し替えジャケットカード

<特設サイト>
下記サイトで試聴音源も公開中です!

void_bn.png

是非チェックして下さいね!

posted by マリン宣伝チーム at 16:11| キャストコメント・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする