2016年03月25日

【3月24日発売】ドラマCD「一生続けられない仕事」アフレココメント第1弾!


------------------------------------

早坂義人:小野友樹様(以下、小野)

三上陽彦:新垣樽助様(以下、新垣)

片山 柾:森川智之様(以下、森川)

森 周平:鳥海浩輔様(以下、鳥海)

------------------------------------

収録お疲れ様でした。


ITS_01.JPG

――――収録の感想をお願いします。

新垣:人の人生を扱うような仕事をしているからこそ、ドライになるべき部分と、完全にオフの状態となる部分をしっかりと表現したいなと思いながら、演じさせて頂きました。仕事をしてオンになっている状態の三上がカッコいいので、寝起きが悪い状態を引きずり過ぎないように気をつけました。その点がうまく表れていれば嬉しいです。


小野:早坂は、とにかく振り回されましたね。振り回されてこそ、早坂のまっすぐな純粋さが表れているので、誰と話していても会話の中で素直に反応すればいいんだなと思いながら演じました。収録されている3つのお話全てで、右往左往しているので、そこを楽しんで頂ければ嬉しいです。


森川:すごく楽しかったです。皆の声を聴きながら収録できたので、一人だけど一人じゃない気分を味わえる温かい空気に包まれていました(笑)。

                       

鳥海:森は若いキャラクターではありますが、テンションにメリハリがある役だったので、楽しく演じられました。森の出番は少しでしたが、充実した収録で楽しかったです。


――――巻末に収録される、ピーチパイのママは強烈なキャラクターでしたね。

小野:やられたな…と思うぐらい、最後の2ページに持っていかれました(笑)。本当に先輩のパワーを改めて感じさせられました。


新垣:長い時を経てもなお、燦然と輝いてましたね。さすがの一言です。


――――キャラクターとの類似点はありますか?

小野:変に真面目なところです。あとは、気付くとツッコミに回ってたり、周囲にイジられるところ。ただ、早坂は頭が良いので、そこは本当に羨ましいなと思います。


新垣:寝起きが悪いところでしょうか。本当、朝が弱いんです。いつも布団の中で「起きるぞ、俺は起きる、起きる」と思いながら、「……だめもうちょっとだけ」っていう、朝の戦いから一日が始まります(笑)。


――――トークCDではお酒について語られてましたが、こだわりの飲み方はありますか?

森川:そうですね…鼻から飲む、とか? そんなことはないですね(笑)。酔っ払った場合は、もしかしたらあり得るかもしれないので、ちゃんと、口から飲もうと思います。赤ワインが好きなので、そこに肉料理があったら最高ですね。僕の前世は多分ライオンなんで、生肉がいいかな。お肉食べると元気になって、お酒飲むと陽気になります。


――――トークCDではメリハリの付け方が似ているなと話されてましたが、一目ぼれ気質はありますか?


鳥海:そこはまったく似てないです。今まで一目惚れをしたことがないですね。音楽やモノにたいしては、初見で気に入ることがありますが、ヒトに対しては男女問わず、結構ゆっくり距離を見極めます。好きじゃないかもと思っても、結果すごく仲良くなる場合もありますから。結構時間をかけるかもしれないです。


新垣:僕も一目惚れの経験はないですね。一目惚れって要するに、出逢った瞬間にその人を全肯定するっていうことだと思います。第1印象で好感がもてるなって思う事はありますが、そこからゆっくり距離を詰めていく感じです。最初にすごい近い距離で来られると、この人大丈夫かな、って逆に心配になりますよね(笑)。

――――森は、負けず嫌いな、自信家な一面もありましたね。

鳥海:森は、自分に能力があるってすごく理解していますよね。僕は、自信家ではないですけどマイナス思考でもないです。日常をフラットに生きているので、ある意味現実だけを見ています。だから、夢もないんです。

新垣:確かに、遠い夢はあまり見なくなりましたね。いい作品と出逢って、いい芝居をしたいというのは役者として常に思います。そういう欲求はあるので、僕も現実を見て、今を生きる感じですね。

鳥海:本当そうだよね。あとは、幸せな老後があれば嬉しいなと思います。

新垣:そこですね。幸せな老後は、すごく大切です。

鳥海:最期に幸せだったなって思えたら、全部いい思い出になるような気がします。現実を見て、あとは運。基本的には何をやっても自分のおかげで、自分のせいだって思って現実を見ながら、生きています。


――――ファンの皆様へのメッセージをお願いします。

小野:原作ファンの皆様待望の音声化、お待たせしました。早坂として、作品に携わらせて頂けたことをまず嬉しく思います。原作の連載がまだ続いていますので、まずは原作とCDの1巻を併せて楽しんで頂いて、皆様から声援をいただけると続きのストーリーも音声化して皆さんと一緒に楽しめるかもしれません。是非、応援よろしくお願いします。


新垣:待望のCD化にあたり、このように参加させていただいたことは本当に光栄です。こうやって音声化したことで「一生続けられない仕事」の新しい魅力となっていれば、すごく嬉しいなと思います。この先のストーリーも是非演じたいと思いますし、皆様の応援次第でこの先があるに違いないと思っています。今後もこの作品を皆様と一緒に楽しんで行けると嬉しいなと思いますので、応援の程、何卒よろしくお願いします。


森川:原作が3巻まで発売されてますから、CDも続いていきたいですね。山田先生の作品とは長いお付き合いをさせて頂いてますが、こうやって新しい作品に携われることが嬉しいですね。こうやって、楽しい作品がスタートしたので、末永く皆様と楽しめる作品になれば嬉しなと思います。ぜひドラマCD1巻を何回も聴いて楽しんで頂ければと思います。


鳥海:原作のファンの方も原作まだ読んだことないよっていう方も、是非一度ドラマCDを聴いて頂ければと思います。楽しんでいただきつつ原作の方も一緒に応援して頂けると、これは第二弾、第三弾みたいな感じで続いていくと思いますので、皆様ぜひ応援よろしくお願い致します。


来週3月31日には第2弾として、【登場する弁護士の中で、ご自身が依頼するとしたらだれを選びますか?】のコメントをを公開予定です。お楽しみに!!



ありがとうございました。

posted by マリン宣伝チーム at 12:00| キャストコメント・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする