2013年03月07日

「宝探しバレンタインイベント」オフィシャルレポート(2/10開催)

〔宝探しバレンタイン〕00.jpg

 マザー牧場を舞台に人気の女性声優たちが二人一組のチームに分かれて、リアルな宝探しにチャレンジするという斬新な企画で話題となった
DVD『宝探し〜至高のペルソナ〜in マザー牧場』と『探し〜ミネルヴァの箱〜in 河口湖オルゴールの森美術館』(3/27発売予定)。210日にはそんなDVDから派生した『宝探し 〜バレンタインイベント〜 The party』も開催! 一日限りのスペシャルなミステリーナイトが日本青年館大ホールにて繰り広げられた。ここではその夜の部の様子をお届け!


 この日のステージは暖炉があったり、石像があったりと、まるで参加者自身が豪華なパーティー会場に来ているのではないかと錯覚させるような凝った作り。後々使うであろう“手がかり”と思しき数々のギミックがサスペンスな雰囲気を漂わせていた。

[宝探しバレンタイン]03.jpg[宝探しバレンタイン]02.jpg
 イベントに参加したのはDVD1弾または第2弾に出演した上坂すみれさん、小松未可子さん、高橋美佳子さん、高森奈津美さん、竹達彩奈さん、中原麻衣さん、早見沙織さん、悠木碧さんの8名で、いずれも舞台にマッチした綺羅びやかな服装でファンの歓声を浴びていた。

[宝探しバレンタイン]04.jpg
 実は昼の部でも頭脳をフルに活用して、様々な推理ゲームにチャレンジした一同。勝者にはご褒美が与えられる反面、敗者には厳しい罰が与えられるということもあって、一同の目は真剣そのもの! 「お昼の部でチョコをゲットしたので、それ以上のモノを手に入れたいです」(竹達)と煩悩溢れるコメントも飛び出した。

 イベントは下記の二つのチームに分かれての対抗戦。

【早見チーム】 早見さん(リーダー)、中原さん、高橋さん、悠木さん
【竹達チーム】 竹達さん(リーダー)、高森さん、上坂さん、小松さん

[宝探しバレンタイン]01.jpg

 まず両チームがチャレンジしたのは「ウソつきは誰だ! 〜ライアーゲーム〜」。これは両チームが容疑者側と探偵側に分かれて行なうゲームで、容疑者側はひと言ずつお題に沿った“証言”を行なっていく。しかし、4人の中で一人だけウソをついている容疑者がおり、探偵側はこれが誰かを当てなければいけない。探偵チームには怪しいと思う人間一人だけに質問をする権利が与えられており、これを有効活用できるかがカギとなってくる。

 
最初のお題は「私、最近こんなことを始めました!」。容疑者側には早見チームが立ち、様々な証言が飛び出した。

【中原】「競馬を始めました。その理由は……(途中で切れる)」
【早見】「4Bの鉛筆を使い始めました」
【高橋】「プロ野球の応援を始めました! チームは日本ハムです」
【悠木】「ラ●プラス+を始めました。攻略対象はもちろん(早見さん演じる)愛●です」

 竹達チーム(探偵側)は、ツイッターなどですでに本当だとバレバレの高橋さんや、趣味を考えると本当のことを言っている確率が高い悠木さんを除外し、競馬という意外な発言をした中原さんか、絵を描かなそうなのに4Bの鉛筆を使うと言い出した早見さんがウソをついているのではないかと疑う。しかし、意見が真っ二つに割れてしまったために結局はジャンケン頼り……。壮絶なるアイコ合戦の末に探偵側は「早見さんがウソをついている」という結論を出した。
 ところが、実際にウソをついていたのはノーマークの悠木さん! ちなみに早見さんは縫い物をする際にチャコペンの代わりに4Bの鉛筆を使っているというのが真実だった。 

[宝探しバレンタイン]05.jpg
 
ここで攻守交代となり、竹達チームが容疑者側、早見チームが探偵側になり、「今まで言っていないちょっとした秘密」というお題が提示される。ここでも容疑者側チームからは驚くべき発言が次々と飛び出した。

【竹達】「小学校の頃に手作りと称して既成品のクッキーをばら撒きました」
【高森】「お婆さんの家で熊を飼っていました」
【上坂】「学生時代、九段下にある神社でよく大人と一緒に歌を歌っていました」
【小松】「私の先祖は、ひー、らー……(途中で切れる)」

 あまりにも衝撃的な秘密が多すぎて、ざわめく会場。早見チームも意見が一向にまとまらない中、秘密を打ち明けた竹達チームは自由な感じに「いっせいのー」ゲームを始めるというフリーダームなステージに(しかも、ルールを理解していない上坂さんが暴走)。 結局、探偵側の早見チームは「そんな事実は信じたくない!」という願いを込めて竹達さんを指名。しかしなんと、ウソをついていたのは上坂さん!
 実は神社に足を運んでいたのは本当だが、歌を歌っている大人を見ていた……というのが真実だとか。半分ぐらい事実が混じっていたためにコロリと探偵側チームは騙されてしまった。
 ちなみに、小松さんの先祖は、なんとエレキテルなどの発明で有名な平賀源内なのだとか。意外なエピソードに会場からはどよめきが起こっていた。

[宝探しバレンタイン]06.jpg
 
次に両チームが挑戦したのは「感覚を研ぎ澄ませ! 〜高級チョコを食べたのは私だ〜」。ステージには4種類のチョコレートが用意され、それぞれ1,000円、420円、250円、100円と値段にばらつきがあるという。しかし、どのチョコがどの価格かはわからないため、それを食べて当てていくというもの。「チョコは一種類につき、両チーム一人ずつしか食べられない」という厳しい条件もあり、一人が間違うとチーム全体に迷惑がかかる……というとんでもないプレッシャーの中で臨む一同。当然ながら、自分が食べていないチョコレートの味は想像するしか無いため、それぞれ試食者に注目が集まる。
 中には「リキュールが入っている!」(悠木、竹達)という重要なヒントが語られることもあれば、「しょうゆと紅しょうがの味がする……」(上坂)といった何とも言えないコメントが飛び出すことも。
 
しかし、そんな状況の中で自分たちの貧乏舌を信じた(!?)竹達チームが見事にピタリと正解!
 早見チームも
250円のチョコと100円のチョコが逆だったというだけで、正解に迫るなど、それぞれの味覚の鋭さを見せつけていた。

 
そして、メインとなるコーナーがリアルタイムで声優陣がチャレンジする謎解きゲーム(来場者も同時に参加できる仕組みに!)。声優陣は大富豪・ゴールド伯の屋敷に閉じ込められてしまったというシチュエーションのもと、様々な暗号から「爆弾の隠された部屋」、「解除コード」、「犯人」を推理することとなった。
 
この謎解きは非常に本格的で、ステージの進行はDVDでもおなじみの「田中さん」こと、探偵モーリーの主導のもと行われていく。すべての解答を導き出すためには、日本語や英語を駆使して約10問の謎を解かなければならないとあって、両チームのメンバーは頭を抱えてしまう。
 
途中にはチャレンジに成功すれば重大なヒントがもらえる「探偵ヒントタイム!」も出題されるとあって、「これは落とせない」とばかりに両チームとも血眼になって挑戦。「お絵描きチャレンジ」には早見さん、上坂さんが挑み、その画伯力を見せつけながらも会場のフォロー(?)によって見事に成功! 「可愛いウィンクチャレンジ」では悠木さんと竹達さんが見事なウィンクで会場を魅了して、これも成功! さらに「全力モノマネチャレンジ」では残る四人が器用なモノマネで会場を大爆笑に巻き込んでこれまた成功!
 
こうして、見事に三つのヒントをゲットし、両チームともに「時計が隠されている場所」と「爆弾の解除コード」をパーフェクトに解き明かした。さらに六人の容疑者の中から犯人に繋がるヒントを得られたが、結果的に爆弾は爆発してしまい、司会役の探偵モーリーをチリチリのアフロパーマにする結果となってしまった……。
 しかし、両チーム共にかなりいい線までいったということで、特別に両チームともにご褒美「高級焼肉食事券」と副賞「リアル・ロール・プレイング・ゲームの参加チケット」をゲット!

 
こうして普段はあまり見せない、鋭い一面を存分に発揮した声優陣。出演者たちとリアルタイムで推理の共同作業に当たった来場者たちも、謎解きの気持ちよさとイベントの楽しさが融合した“レアな体験”に満足そうな表情を浮かべていた。 

<関連タイトル情報>
人気女性声優による“リアルに宝探しゲーム”のDVDをリリース!
[宝探しDVD]豪華盤ジャケット(WEB).jpg
画像は豪華盤ジャケット

タイトル:声優DVD企画「宝探し〜ミネルヴァの箱〜in 河口湖オルゴールの森美術館」
発売日:327日発売
価格:豪華盤¥5,500(税込)/通常盤¥3,990(税込)
収録内容:
DISC1(通常盤・豪華盤共通)】⇒『宝探し』本編
DISC2(豪華盤のみ)】⇒ 映像特典
出演:悠木 碧、早見沙織、野中 藍、中村繪里子、下田麻美、井上麻里奈、巽悠衣子、金元寿子、五十嵐裕美、上坂すみれ
発売・販売元:マリン・エンタテインメント

「宝探し」DVD2弾公式HP
http://www.marine-e.net/sp/takarasagashi2/

.
posted by マリン宣伝チーム at 12:00| キャストコメント・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする