2022年06月17日

【2022年6月7日発売】ドラマCD「やまない不幸の終わらせ方」キャストコメント その2!

ドラマCD「やまない不幸の終わらせ方」キャストコメント その2☆
その1はこちらをクリック♪
-------------------------------------------------
烏童隆太役:羽多野渉さま(以下、羽多野
三城俊久役:松岡禎丞さま(以下、松岡
-------------------------------------------------
収録お疲れ様でした!
−−−収録を終えての感想をお願いします
松岡:三城は相変わらず明るく突き抜けていて、変わらずに隆太と2人で過ごしている生活を見ることができたのは、純粋に嬉しかったですね。隆太とだからこそ三城も前に進んでいけるのだと感じました。
羽多野:久しぶりの収録でしたが、キャラクターたちの時間も同じように過ぎていて、懐かしさも感じつつ、同じように時間を過ごしていたことを嬉しく感じました。今回の収録もすごく楽しくて、こうやって掛け合いで収録させて頂けたことは本当にありがたいですね。

−−−印象に残ったシーンはありますか?
羽多野:隆之を海に落とすシーンは、松岡くんの演技力も相まって、印象的すぎましたね。三城だからこそ愛せる、可愛らしいシーンになってます。笑 三城は、悪意とかがなくて、プラスのエネルギーを与えてくれるキャラですよね!
松岡:本当に、突き抜けてますよね。それが演じていても楽しいです! 今回は女装シーンがあったので、どこまで演じようかを迷いましたが、一発OKを頂けたので、良かったです!
羽多野:渾身のみきこ!!
一同笑
松岡:なりきりつつも、ふざけている感じも出したかったので、これまであまり使ったことのない声帯を使いましたね。他にも三城として印象に残ったセリフが2つあって、1つが「ハワイには勝てねぇ」という、三城らしさ全開なセリフ。行くしかねぇ!という目を輝かせる感じで言いましたね。
羽多野:食いつき方がすごかったもんね。笑
松岡:もう1つは、心の底から言っていますが、認めたくない感じもある「幸せにしろよな」というセリフ。ここは三城が成長したというか、変わったなと思う瞬間でした。

−−−落ち込んだときに、気分を上げる方法は?
羽多野:猫と戯れることですね。仕事でいろんな役柄を演じさせて頂く中で、役の気持ちを引きずってしまう時は、猫と触れ合うと浄化してくれます。以前だったら、みんなでご飯を食べに行くことなどで発散できていたことが、ご時世的に難しい状況なので、今は猫との戯れがリセット時間です。あたたかいし、自由にならない感じも良くて、たまに引っかかれて血が出ることもあるけど、その血を見ながらも癒されてる自分がいるんですよね。笑
松岡:それは、怖いです。笑
羽多野:狂気でしょ? 狂気すら感じる癒しですね。
一同笑
松岡:ご時世的に現場終わりでご飯に行くことができないので、リモートで後輩とゲームをすることが好きですね。みんなで喋りながら楽しく遊んでから寝ると、うまく発散されて大体リセットされますね。良い意味で気を使わない関係で遊べているので、すごく落ち着きます。
羽多野:そういうの良いよね。楽しそう! もし「記憶なくすぐらい家で飲みます」って言われたらどうしようかと思ったよ。
一同笑
松岡:家でお酒飲んで記憶をなくしたことはあります。笑
羽多野:お互い、健康には気を付けていこうね。

−−−海で遊ぶシーンがありましたが、海にまつわる思い出はありますか?
松岡:海は好きなのですが、後始末が大変ですよね。遊んでいるときには気にならないですが、着替えたあとに砂が残っている感じが苦手なので、シャワーがある場所がいいですね。
羽多野:確かに海は、大人になってからのほうが、苦手になるかもね。
僕は長野県出身なので、海なし県で育ったんですよね。諏訪湖を見せられて、海だと思っていたときもありました。すぐに、これ湖じゃん!ってなりましたけど。笑 初めて海を見たときは、本当に圧倒されましたね。
松岡:海のうねりとか見ると、迫力ありますよね。
羽多野:あるよね! 某・夢の国に行ったとき、電車の中から海が見えるんですよね。そこから見た景色でテンション上がってしまって、夢の国の中でずっとイジられました。笑
松岡:地元・北海道の海は、すごく荒れてるんですよね。東京の海を見たときは、すごく穏やかで衝撃でした。
羽多野:北海道の海は、おいしいものが取れる場所っていうイメージで、海水浴のイメージはないもんなぁ。
松岡:泳げるエリアは限られた場所で、そこはすごく穏やかなのですが、そういった場所以外は基本的に、荒れてますね。
02.png
−−−発売に向けてのメッセージをお願いします。
松岡:「やまない不幸の終わらせ方」というタイトルが示す通り、様々な葛藤を抱えて、それを乗り越えたり、解決したりすることに向かって進むお話です。作中のセリフやシーンで、わかるよと共感する部分もありながら、精一杯演じさせて頂きました。原作と一緒に楽しんだり、ドラマCDだけで楽しんだり、様々な楽しみ方があると思いますので、ぜひ、原作にも音声にも触れて頂けると嬉しいです。手に取ってくださった方それぞれの楽しみかたで、楽しんで頂けたらと思います。
羽多野:演じさせていただいたキャラクターに時を経て再会できるのは、たくさんの方が、応援してくださったおかげだと思います。本当にありがとうございます。こういう機会を頂けることは、大変嬉しいです。われわれが感じている幸せな気持ちをドラマCDにのせて、皆さまにお届けできたら嬉しいです。ぜひ、聴いてくださるみなさまも、幸せを感じて頂けたら嬉しいです。よろしくお願いします。
ありがとうございました。

ドラマCDは、2022年6月7日発売

特設サイト

bnr.jpg

◆ 初回限定盤 

MESC-0331.jpg
☆封入特典
 描き下ろし漫画掲載小冊子

★マリン通販初回特典
キャストトークCD
 出演:新垣樽助さん、興津和幸さん
    +
    羽多野渉さん、松岡禎丞さん

【最終締切】2022年6月30日

ア ニ メ イ ト 限 定 盤 

ANI-1574.jpg

☆封入特典
1、描き下ろし漫画掲載小冊子
2、イラストカード
※小冊子は全仕様共通です。

◆ポケドラ配信

jkt03.jpg



posted by マリン宣伝チーム at 10:00| キャストコメント・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【2022年6月7日発売】ドラマCD「やまない不幸の終わらせ方」キャストコメント その1!

ドラマCD「やまない不幸の終わらせ方」キャストコメント その1☆
その2はこちらをクリック♪
-------------------------------------------------
清竹誠司役:新垣樽助さま(以下、新垣
烏童隆之役:興津和幸さま(以下、興津
-------------------------------------------------
収録お疲れ様でした!
−−−収録を終えての感想をお願いします。
興津:久しぶりの収録でしたが、キャラクターたちも前作から数年後ということで、一緒に歳をとっている感じだったので良かったです。今作を通しても、やっぱり清竹はいい男だなと感じました。
新垣:本当に久しぶりにこうやって収録できて、とても嬉しいですね。作品の中でも時間が流れていたので、キャラクターの成長を感じながら、楽しく演じさせて頂きました。お話の内容が年齢を重ねるほどに考えさせられるものだったので、いろいろとセリフが刺さりましたね。あとは、今作でも烏童くん(隆之)が、頑張っていました。

−−−印象に残ったシーンはありますか?
興津:今作では、新たに部下として、「今井くん」というキャラクターが登場したのですが、まさかあんな結末を迎えることになるなんて、衝撃でしたね。笑 あとは、以前に比べて、烏童兄弟の仲が良くなりましたよね。ギクシャクした関係を経て、いい距離感になったんじゃないかなと思いました。弟たちは、すごーく幸せそうで、良かったです。少し揉めてましたが。笑。ハワイ旅行も行ってましたからね、こっちは熱海だったのに。笑
新垣:ね、ほんと。しかも二人きりのはずがついて来ちゃって。そのおかげで、進展したこともありましたからね、あれはあれで良かったですよね!
興津:うん、良かったですね。
新垣:僕は、例のお見合いのシーンですね。大人になることで向き合わなきゃいけない、それこそ結婚の話とか、家族の話とか、そういう自分以外の何かが関係してくるものが、今回のお話では描かれていて。葛藤がある中で烏童(隆之)が想いを伝えてくれるので、すごく印象的でした。ただ、清武のお姉さんのセリフもすごく胸に刺さるもので、どちらも悪くないからこそ、苦しくて切ないなと思います。

−−−落ち込んだときに、気分を上げる方法は?
興津:広い空を見ましょう! 街中の空は狭いですけど、高いところや、広いところに行って、大きな空を見るといいなぁって思います。気分転換にもなって、スッキリします。
新垣:僕も空を見ますね。飛行機が好きなので、普段から空をよく見るんです。飛行機を見ていると、積乱雲はよけて通るんだなとかが分かって、雲の動きとかにも興味が出て、この雲はそろそろ終わりだなとか、この後どう動くのかとか、好きだからこそいろいろ情報を覚えますね。
飛行機を見ながら、どこから来たんだろうとか、どこに行くんだろうとか、ぼーと考えてると大抵のことは「ま、いっか!」ってなります。笑
興津:雲良いですよねぇ。ぼんやり眺めてると、合体して大きくなったりして。
新垣:そうそう、そうなんですよ。
興津:まるで命のように。繰り返していく。
新垣:深い!
興津新垣:(頷きあって)良しっ!
一同笑
01.png
−−−海で遊ぶシーンがありましたが、海にまつわる思い出はありますか?
興津:海は・・・、くらげがいるのでイヤですね。
新垣:刺されたの?
興津:首を真一文字に刺されたんですよ。林間学校的な行事で行った、初日の海で刺されまして。とにかく痛くて、ずっとつらかった記憶なんですよね。くらげがいなければ幸せなんですけど、くらげにもきっと大事な役割があるんでしょうから、無下にはできませんよね。
新垣:海が苦手なんて、役(隆之)とシンクロしてるなぁ。
興津:そうですね。
新垣:僕、実はですね…
興津:泳げない?
新垣:いや、泳げます。
一同笑
新垣:僕、上京して初めていった海が、熱海だったんですけど、
興津:お、一緒じゃん!
新垣:そうなの。偶然の一致。笑 海は地元(沖縄)でもよく遊んでたから、同じように水中メガネだけをもって出かけたら、一緒にいた友達はみんな浮き輪とか道具をいろいろ用意してたんだよね。熱海について、いざ海を見たら、想像と違って真っ暗な感じで、すごく驚いたんですよ。僕の中で、海といえば潜るものだったから、みんなが持ってきた浮き輪とかでぷかぷか浮かんで遊んでいるのは、衝撃でした。結果、僕だけずっと泳いでたから、途中で疲れて後半はみんなが遊んでる姿をずっと眺めてました。笑

−−−発売に向けてのメッセージをお願いします。
興津:6年ぶりのCDということで、私たちも驚いたのですが、皆さまも驚かれたと思います。あとがきで、先生が「明るい漫画が描きたい」と書かれていましたが、楽しいことや明るい話題はきっとたくさんあります。「やまない不幸の終わらせ方」というタイトルですが、不幸は終わりが来るはずです。みんなに幸せになって頂きたいと思います。ぜひ、CDを聴いて、楽しんでください。

新垣:久しぶりの収録でとても楽しい時間を頂きました。こうやって、久しぶりにキャラクターに会えるのは、作品を楽しんだり応援したりしてくださる方がいるからこそで、今回も機会を頂けて、演じることができています。改めて、ありがとうございます、と伝えさせてください。
今回のように、新しいお話ができると、キャラクターたちも前に進んでいけるんですよね。今回のお話も悩ましい内容ではありますが、キャラクターたちも、日々を重ねているという証拠であり、それこそが魅力だと思います。とても大切に演じさせていただきましたので、ぜひ聴いていただけると嬉しいです。楽しくもあり、切なくもあり、ボリューム満点な1枚です。弟カップルのお話も含めて、ぜひ両方のエピソードを楽しんでください。

ご協力ありがとうございました!

ドラマCDは、2022年6月7日発売

特設サイト

bnr.jpg

◆ 初回限定盤 

MESC-0331.jpg
☆封入特典
 描き下ろし漫画掲載小冊子

★マリン通販初回特典
キャストトークCD
 出演:新垣樽助さん、興津和幸さん
    +
    羽多野渉さん、松岡禎丞さん

【最終締切】2022年6月30日

ア ニ メ イ ト 限 定 盤 

ANI-1574.jpg

☆封入特典
1、描き下ろし漫画掲載小冊子
2、イラストカード
※小冊子は全仕様共通です。

◆ポケドラ配信

jkt03.jpg

posted by マリン宣伝チーム at 10:00| キャストコメント・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする