2019年03月22日

【4月19日発売予定】ドラマCD「ハローモーニングスター」アフレココメント第2弾公開!!

ドラマCD「ハローモーニングスター」アフレココメント第2弾公開!!
----------------------------
アツト:中島ヨシキ様(以下、中島
ユ キ:仲村宗悟様(以下、仲村
----------------------------

―――発売を楽しみにしている皆さまへのメッセージをお願いします。
中島:「ピンクとまめしば」でアツトを演じて、キャラクターソングも歌わせてもらって、(倉橋)トモ先生の作品に出演するのも3作品目ということで、縁が続いていくことがすごく嬉しいなと思います。もちろん作品によって雰囲気が違うので、そういう面白さもありつつ、今作に関しては本当にアイドルが好きなんだなっていうことが、作品を通してすごく伝わってくるので、そこもすごく大切にして演じさせて頂きました。前作のときのディレクションですごく印象に残ったのが、キラキラしたアイドルっぽさをもっと出してと言われたことだったので、今回はあざとい部分を出して演じてみようかなって思っていました。ピンまめとは時系列では前後しますが、今回のアツトを演じるまでの期間に経験したことが、演じる上で活きているかなと思うところもあるので、そういうところも楽しんで聴いて頂けると嬉しいです。
仲村:今回、ユキとして参加させて頂けたことがとても嬉しいです。原作の連載もまだ続いているということで、今後の展開もすごく楽しみにしています。このお話の中で、人間としての心のやりとりが描かれている部分があり、ちょっとした言葉の入れ違いとか、態度ですれ違ってしまうことなどをドラマCDでも表現していて、こういった繊細な心の動きというのは、今後、役者を続けていく上でもとても大切にしていきたいなと改めて思いました。今回そういう機微をすごく勉強させて頂きました。
中島:本当、まだ連載も続いているということなので、ドラマCDも続いていくとうれしいなと思いますし、まだまだ魅力的なキャラクターがたくさんいます。ひなたと宗一郎は初期どれくらいケンカしてたのかとか、エルプラとしての活動もまだ把握できていないことがたくさんあるので、そういうのが描かれると嬉しいなと思います。あとは、せっかく5人揃いましたから、いつか5人の曲が出ると嬉しいですね。
仲村:そうだよね。リアルも3人揃っておりますので、リアルとしての活動もあると嬉しいなあと思います。
中島:こうやって、このジャンルで一緒に演じるのは、初めてだったよね。
仲村:僕は、攻めを演じることが初めてです。
中島:僕は、もういろいろ経験させて頂いてます。
一同笑
HMS_2.jpg
仲村:だから、今回すごく緊張してましたよ。
中島:攻めだと、リードしなきゃいけないからね。
仲村:ブースに人も多かったしね。
中島:確かに今日、多かったよね。多かったけど、女性が少なかったから、先生も観客の1人として声の出演をされているので、そこもぜひ聴いてみてください!
仲村:よろしくお願いします!

ご協力ありがとうございました!

HMS_01.jpg

ドラマCDは、4月19日発売予定です

◆特設サイト◆
bnr_star.jpg


アニメイト限定盤
ani_jk.jpg
★封入特
倉橋トモ先生描き下ろし
@差替えジャケットカード
A漫画ブックレット(予定)
02.jpg

通常盤
jk_HMS.jpg
★マリン通販初回特典
キャストトークCD
出演:中島ヨシキ、仲村宗悟
最終締切:2019年5月31日
01.jpg


posted by マリン宣伝チーム at 12:00| キャストコメント・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

【4月27日発売予定】ドラマCDやたもも2 アフレココメント第1弾公開!!

ドラマCD「やたもも2」アフレココメント第1弾!
--------------------
八田役:小野友樹様(以下、小野
モモ役:下野 紘様(以下、下野
栗田役:阪口大助様(以下、阪口
--------------------
収録お疲れ様でした!
――収録を終えての感想をお願いします。
下野:前作発売から3年も経っていたとは、びっくりです。感覚としてはもっと短くて、すぐに物語に入れました。ですがこうやって続いてくれたこと、そして演じさせて頂けたことはすごく嬉しいしありがたいです。モモのキャラクター性が好きで、いろいろ思っていることはあっても基本的にはあっけらかんとしているところや、主に八田ちゃんに怒られたりするこの2人の関係も面白いなと思っています。収録自体も、会話のテンポもすごく良くて、アッという間でした。
小野:3年も経つと、声のベースのトーンが低くなっているのかな、と気づかされました。そこも含めて、自分では気づいていなかったところで自身の変化を感じました。八田ちゃんは、オカンな感じがベースにありつつ例のごとく世話を焼いていましたが、今回は隣人の栗田くんが登場したことでまた賑やかになりましたね。栗田を大助さんが演じてくださるということで、下野さんとすごくピッタリだねって話してました。大助さんが演じてくださるならどんな風に演じようとも大丈夫だな!っていう安心感がありましたね。いざ収録してみたら、思っていた以上にピッタリで、本当にあっという間の収録で、僕の経験上でたぶん一番スピーディーでスムーズな収録でした。記録更新です!
阪口:意外と大丈夫じゃなかったです。結構緊張していました。
小野下野:え? そうなんですか?
阪口:だって、実際は僕が一番年上なのに、僕が一番年下の役じゃん。だから、どれぐらいのトーンで入るのが正解なのかなとか、2巻からの登場ということで、どうやってその世界に入ろうかなとかいろいろ考えたし、すごく緊張しました。
小野:でも本当にピッタリでした。
下野:安心感しかなかったです。
阪口:それはすごく有りがたいことですね。でも本当演じる前にいろいろ考えて。いつもの僕のテンションで入っていくのは違うなと思ったから、おそるおそる、おどおどした手探りな感じが出ちゃったかなって思ってる部分もあります。物語が進むにつれて、どんどん安心できたな。栗田としても、手探りな感じで2人に近づいていったからうまくそこが表現としてつながっているといいなと思います。
―――印象に残ったシーンを教えてください。
下野:今まで知らなかった事実を聞かされて、泣いたシーンですね。
あのシーンにつながる、お母さんとのやり取りも演じていてすごく楽しかったです。何ていうのかな。けん制するためにいつも以上に口汚い言葉をあえて選んで放っていく、ここを演じられたことは楽しかったですし、お母さんを演じた折笠さんと良いやりとりができていると思いながら演じていました。だから、内心すごくニヤニヤしていましたね。
小野:僕も、まさに同じシーンですね。声優・下野紘の底時からを見れたなと思います。
下野:ん?? なに??
阪口:本領発揮してたね。声優・下野紘が。
小野:その慟哭のシーン。直前までは、本当にいつも通りの普通のテンションだったのに、あのシーンで、感情がいっきに溢れる。原作でも、そのシーンの描き方がガラッと変化してるんです。ここを読んだときに、先生の中で音としてのイメージがしっかりあるんだろうなぁと思っていたので、どんな風に演じるのかなと期待が大きかったです。もちろん下野さんなら間違いないっていう安心感もありました。実際にも、下野さんが目の前で感情をぶつけてくれたので、八田としてもすごくしっかり受けとめさせて頂きました。改めてそのシーンは、…そのシーン『は』すごいなと思いました。
下野:何だよ『は』って。
阪口:見事に落としたね。最後の最後に(笑)。
小野:なんでですかね。落としたくなりました(笑)。いやでも本当に、あのシーンはすごさを改めて感じましたし、僕もすごく気持ちを重ねました。静かにうなずきを繰り返す八田のその空気というか、間の取り方は自然であることをすごく心がけました。
阪口:僕もあのシーンは、入りやすかったですね。2人がすごく大切にしたシーンだからこそ、隣人栗田としても感情を募らせて乗せられたなって思う。
小野:本当、栗田の入り方もすごく良いなと思って。大助さんが自然な切替でギャグのほうにふってくれる。素敵な先輩方に挟まれて、演じられたのはすごく楽しかったですね。
下野:栗田がいるから、すごく絶妙なテンポになっているんですよね。すごく有りがたい存在だなと思います。
阪口:でも本当に、あのシーンはいいですね。下野紘の力を見せ付けてくれたね。
小野:そうですよね。下野さんのすごさを見せ付けられました。
下野:え、なに? なんなの?
小野:いや、キャストトークで伝え忘れちゃったので、ここで語らせてください!
下野:そうだよ。俺の野宿の話とかいらなかっただろ(笑)。
阪口:本当だよ。○○プラスの話もいらなかっただろ(笑)。
小野:あれも貴重なお話でした!でも言い忘れちゃったので、ここで下野さんを語っておきます!
阪口:でも、残念ながら、音にはなりません。文面でお楽しみください。
一同笑
―――「やたもも」の印象はいかがでしたか?
阪口:物語に緩急がついてて、いいなぁと思いました。重すぎる話は聴いててつらい部分があるけど、これは、コミカルな部分も非常に多いので、演じていてもテンポの良さをすごく感じましたし、聴いてる方もそうじゃないかな。
:そうなんですよね。重いだけではない。今回、栗田が入ってきてまたテンポが変わりました。演じているときは、最初から3人でやってきたような安心感もありつつ、お話としての救いもあって。
小野:そうですね。本当に栗田がいいキャラしてます。
下野:ちなみに、阪口さん普段どちら側ですか?
阪口:全然経験ないんですよ、実は。
下野:未開発ですか?
阪口:未開発ではない。
一同笑

ご協力ありがとうございました!


ドラマCDは、4月27日発売予定です

◆特設サイト◆
bnr01.jpg

通常盤
ytmm2_web.jpg
★マリン通販初回特典
キャストトークCD
出演:下野紘、小野友樹、阪口大助
最終締切:2019年6月30日
01.jpg


★アニメイト初回特典
はらだ先生描き下ろしペーパー
paper_0427_ytmm2.jpg
02.jpg
posted by マリン宣伝チーム at 12:00| キャストコメント・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

【4月19日発売予定】ドラマCD「ハローモーニングスター」アフレココメント第1弾公開!!

ドラマCD「ハローモーニングスター」アフレココメント第1弾公開!!
----------------------------
アツト:中島ヨシキ様(以下、中島
ユ キ:仲村宗悟様(以下、仲村
----------------------------
収録お疲れ様でした!!
―――収録を終えての感想をお願いします。
中島:僕は、「ピンクとまめしば」から続投させて頂きました。とはいっても、前回とは立場や環境が全然別のアツトだったので、新鮮な気持ちで収録させて頂きました。アツトのキャラソンが付録になった雑誌から連載が始まったと思うのですが、キャラソCDと合わせて見本誌を頂いた際読ませて頂いてから、ドラマCD化を待っていたので、収録が決まった際「ようやくできるな!」と楽しみにしていました。とても楽しく収録させて頂きました。
仲村:アツトとは違って、ユキは今回はじめて登場するキャラなんですよね。こんな風にクールなキャラクターは今まで挑戦したことがなかったので、演じる機会を頂き感謝しております。しかもヨシキと出演することができて、心強くもありすごくよかったです。
――――登場人物の中で印象的なシーンや気になるキャラクターはいましたか?
中島:ライブ終わりでラーメンを食べにいったことはすごく共感できました。
仲村:それは非常にわかるね。
中島:僕らの場合は、ラーメンとかより、お酒の方が多いかもしれないけど(笑)。
仲村:そうだね(笑)。おわったー。酒飲むぞー!って(笑)。
中島:今回、エルプラの日常をいろいろと覗くことができて、すごく共感できるなと思いましたね。そのグループならではの行動など。仕事でへとへとになって、ミニバンの後ろで寝ている姿とか。あとは、アツトの仕事を詰め込んだ方が余計なことを考えなくてすむっていう考え方も、わかりますね。僕もワーカーホリックなので。
仲村:僕としては、エルプラのリーダー(京介)がチームに1人いてくれたら、物事は円滑に進むんだろうなあって思いました。あんな風に、周りをよく見て気配りができる人がいると、いろんなことがうまく行くんじゃないかな。
中島:オカン味がある。
仲村:本当、オカン味あったよね。
―――もしも、ご自身がエルプラかリアルに加入するとしたら…?
中島:エルプラですね。
仲村:そうなんだ?
中島:楽器ができないからね。
仲村:僕はリアルだな。
中島:楽器ができるからね。
一同笑
中島:僕がリアルのメンバーになって、これから楽器を覚えます!って現実的じゃないなって思っちゃう。(ユニット名が)リアルなのに(笑)。
一同笑
仲村:あれ。ブブゼラは?
中島:ブブゼラは、音楽の邪魔になる可能性があるから。グループのバランスを崩すのはダメだからさ。だからエルプラとして、一緒に歌って踊っての方が可能性は見えるのかなと思っています。
仲村:なるほどね。僕はギター弾いてるから、ギターボーカルやりたいですね。
中島:ユキとツインボーカルで背中合わせとかでパフォーマンスとかもカッコいいよね。
仲村:それいいね!
―――演技に対して、アドバイスを求めるシーンがありましたが、自分ならではの練習法などありますか?
中島:僕は基本的に、現場に入る前に一度もセリフを声に出して読まないんですよね。声に出すということを99%しません。現場で出た音が全てで、それを大切にしたいなっていう想いが強いです。事前に声を出しちゃうと自分の中でイメージが強くなりすぎてしまうので。もちろん、原作があれば読んだり作品に関する情報は事前に取り入れています。
仲村:へえ、そうなんだ。それすごく珍しいタイプじゃない?
中島:そうだと思う。どんな風に演じようとかプランは考えるけど、家で声を出してしまうと、こうしなくちゃいけないっていう固定観念ができちゃう。
仲村:そうなんだ。そういえば台本も書き込み少ないよね。
中島:そうだね。自分のセリフに印をつけるくらいかな。あと、原作があるCDならコマワリとかを確認して、大ゴマになっているセリフだから強調してみようとかの印は入れたりするかな。あんまり自分で決めていきたくないなって思います。相手の方がどうやって演じられるかを聞いて、それに応えていきたいですね。
仲村:すばらしいですね。それはすごい。
中島:だから、全員そろって収録できるとより楽しいなって思いますし、1人の収録はそういう意味でちょっと苦手に感じることがあるかもしれません。
仲村:僕は、舞台に出たことがあるんですけど、その時の練習方法が何回も声に出して喋って、間違えたらまた最初に戻って読み直すことを何度も続けました。舞台だから覚えることが必要ってこともありましたが、相手のセリフをきかっけとして自分のスイッチにしたりするので、相手のセリフもしっかり見て声に出して練習しますね。
中島:自分みたいなタイプは珍しいと思う。アニメの練習のときも、セリフのタイミングとキャラクターの表情を確認して、声は出さないし。歌の練習も、覚えるために何度も音楽は聴くけど、歌うのは現場に行ってからですね。
仲村:歌も歌わないの?
中島うん。
仲村:天才だな。
中島:いやいや、これがやり方の1つとして僕に合っているんだと思う。

ご協力ありがとうございました!


ドラマCDは、4月19日発売予定です

◆特設サイト◆
bnr_star.jpg


アニメイト限定盤
ani_jk.jpg
★封入特
倉橋トモ先生描き下ろし
@差替えジャケットカード
A漫画ブックレット(予定)
02.jpg

通常盤
jk_HMS.jpg
★マリン通販初回特典
キャストトークCD
出演:中島ヨシキ、仲村宗悟
最終締切:2019年5月31日
01.jpg


posted by マリン宣伝チーム at 19:00| キャストコメント・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする