2016年11月18日

【11月18日発売】ドラマCD「カラーレシピ」 はらだ先生インタビュー公開★

11月18日発売  ドラマCD「カラーレシピ」
アフレコに立ち会って頂いたはらだ先生をインタビュー★

作品について、たくさん伺ってみました★

《注意!!》ネタバレ有りなので未読、未聴の方はご注意ください。




















―――収録を終えての感想をお願いします。
台詞一言目からしっくりきすぎて、とにかく驚きました!
詳しい感想などはレポ漫画にしたためましたのでよければ読んでやってくださいませ。
あとフリートークがめっちゃおもしろかったです(笑)

―――作中、思い入れが強いシーンはありますか?
ありすぎて選びきれないですが…
このお話、福介の中では1話から途中まで「茶番」なんです。
連載中「福介がカッコイイ」という意見をたくさんいただいたので、最後の福介を見てどう思われるのか、すごくドキドキしました。
CIELさんでの連載が決まった際、王道で攻めたほうが良いんだろうかと思って、担当さんと打ち合わせをしたら、
「連載誌とか気にしないで良いですよ」と言って頂けまして。ならば好きに描かせて頂こうと思って描き始めたのが、この作品です。
なので強いて言うならば1巻最終話です。
2巻まで続く予定ですのでこれから先増えるかと思います。

―――1話読むごとに、すごく引き込まれました。
第1話から、すこしずつ伏線…というほどのものではないですが、物語のヒントを散りばめてみました。
BLの読者さんは鋭い方が多いので、初期段階で気づいた方もいらっしゃるかもです。
こちらが意図した細かい部分をしっかり見てくださっているんですよね。
不穏な雰囲気を出す時は、バレても良いと思いつつ描いている部分もあったので、気付いてくださった方も、最後で驚いたという方も楽しんでいただけたのならばなによりでございます。

――――ご自身と似ているなと思うキャラクターはいますか?
キャラとは誰も似てないです!
――――早いですね(笑)。今回は、キャラクターの名前に、縁起の良い漢字が入っていますね!いつもどのように、決めるんですか?
キャラ同士つながりがある名前にしようと考えてつけました。
今回でいうと、似合わない名前を付けたいなと思って。笑吉は不愛想なのに、「笑」がつく。
福介は、「福」をもたらすとは思えない、とか(笑)。
『笑う門には、福来る』という言葉をもとに、「笑吉」「福介」「美門」「龍来」という感じです。
鬼原さんは、福の対義語っぽく「鬼は外」から名づけました。よくいる痛客なだけでそんな悪い人じゃないのに…
ネーミングセンスが本当になくてしんどいです(笑)。

―――スピンオフで描きたい内容を少し教えてください!
予定は未定ですがもし描くとすれば龍来ちゃんのプライベートとか、過去を振り返って今に至るまでの流れを描けるとおもしろいかなと思います。あと、鬼原さんをどうにかしてあげたいので何か思いついたら…!(笑)

コミックス収録「鬼原さん」の3ページは、本編部分だけが鬼原さんじゃないよ、という所を見せられたら良いなと思って書き下ろしました。CDにも収録されておりますので是非是非楽しんで下さいませ。

2巻でも皆ちゃんと出てくる予定ですのでよければ応援してやってください!

―――締めくくりに一言お願いします。
この作品まで音声化して頂けると思っていなかったので、
お話を頂いたとき、びっくりしました。

じわじわと距離を詰めて、ゆっくりとしたテンポで話が進んでいきます。
どのシーンを切り取っても、その距離感が面白い部分なので、
聞き逃さずに聞いて頂けると嬉しいです。

連載再開まで少々間があいてしまうので1巻だけでも割りとまとまるよう調節した終わり方となってますが、まだまだ続きがありますのでお待ちいただけますと幸いです。

キャスト様の演技で、より迫力ある内容になっております。
皆様のお手元に届くのが待ち遠しいです!

―――ありがとうございました!

ドラマCD特設サイト
harada.jpg


連動購入キャンペーン開催★
harada_bnr.jpg




CR_jk.jpg

◆マリン通販初回特典キャストトークCD
出演:興津和幸さん&内田雄馬さん

◆アニメイト&コミコミスタジオ初回特典
はらだ先生描き下ろしペーパー!!


posted by マリン宣伝チーム at 12:24| キャストコメント・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【12月21日発売予定】恋とはバカであることだ アフレココメント第1弾

「恋とはバカであることだ」「外面だけは王子様❤」「泣けないうそつき」

各お話の収録後にコメントを頂きました!! 第1弾を公開します♪

--------------------------------------
真木役:興津和幸様(以下、興津)
佐山役:相楽信頼様(以下、相楽)
潤也役:鳥海浩輔様(以下、鳥海)
秋役:村田太志様(以下、村田)
真中役:樋口智透様(以下、樋口)
瀬川役:田丸篤志様(以下、田丸)
--------------------------------------
収録お疲れ様でした!!
―――収録を終えての感想をお願いします。
興津:あっという間に終わりました!もっといっぱい演じたかったな。
相楽:そうですね。もっともっと演じていたかったな。
興津:いろんなことに慣れて、調子に乗っているまっきー(真木さん)とか見てみたいな(笑)。
相楽:今回は、お互いに初めてだったので、2人ともに結構初々しさがあって、そこを表現したつもりです。きっとだんだん慣れて調子に乗ってくると思うので、経験を重ねた大人じゃないとできないいろんな事を、佐山が教えたいなと思います(笑)。
興津:教えてください! 真木としても、AV見て研究したって言ってたからすごい何かがあるんだと思います。
相楽:何かあるんでしょうね。
一同笑
興津:1つ気になるとすれば、『はじめて』のところで、少しやりすぎてしまったなと思ったのですが、先生も許して下さったので、大丈夫だったのかな。
相楽:僕はもう、終始真木さん可愛いなって思ってましたよ!
興津:ほんとに?
相楽:本当ですよ!思っていたより高めの声で、真木さんの大人でクールだけど、コミカルな浮き沈みを見事に演じられていて、すごく乙女チックで可愛いなーって。
興津:乙女な感じ、わかってくれた?
相楽:わかりますよ、佐山ですからね! そこが僕はすごい好きだなって思いました。
興津:嬉しいです。ごめんなさい調子に乗って(笑)。
―――佐山ももっと攻めていけそうですか?
相楽:興津さんがお相手してくださるならば、(良い声で)また何度でも。
興津:最後、なんでちょっといい声で言うの?
相楽:音声配信じゃないんですけどね。
一同笑
相楽:僕自身、BLというジャンルで絡みを演じさせて頂くことが初めてでした。前回、興津さんがメインの作品に脇役で参加させて頂いた以来です。興津さんにはお世話になりっぱなしでございます。
興津:いやいや、そんなことないでしょ。でも、ありがとうございます。2016年も頑張ります。あ、2016年ももう終わりか。2017年も頑張ります。
一同笑
―――トークCDは、2人きりのトークでしたが、いかがでしたか?
興津:こんなにゆっくり話したのは、初めてじゃないかな。
相楽:初めてですね!
興津:楽しかったですよ。
相楽:まさか、怒られるとは思っていませんでしたけれども…。
興津:僕は、厳しい先輩ですよ。
相楽:え?
興津:冗談だけど。
一同笑
興津:おにぎり食べながら、収録前もいろいろ話しましたからね。
相楽:そうですね!


―――「外面だけは王子様❤」収録を終えての感想をお願いします。
鳥海:とてもスムーズな収録でした。1枚に3つのお話が収録されているので、1本ずつが短いとは思うのですが、テンポが良くて、楽しい収録でした。

村田:すごく楽しかったです。鳥海さんと高校生をご一緒させて頂けたし、少し暗い男の子を演じさせて頂くこともあまりないので、すごく新鮮な収録になりました!

鳥海:確かに、どちらかと言うと潤也みたいな役が多いかもね。
村田:そうですね。騒いだりバカやったりっていう、親友ポジションが多いですね(笑)。今回は、ある意味対極なキャラを演じさせて頂きました。
――演じる上で気にした点はありますか?
村田:新人の頃を思い出して、前に行けない、葛藤を思い出しながら、演じました。
鳥海:2面性はありつつも、どストレートな性格だったので、非常にシンプルで演じやすいキャラでしたね。
―――トークCD内で、BLでは初めての共演とお話されてましたね。
鳥海:いわゆる絡みはほとんどなくて、日常会話を中心とした展開で、原作もそうですし、シナリオも会話を大切にしてくれていたので。
村田:そうですね。
鳥海:同級生を演じるのは、初めてなんですよ。
村田:はい。
鳥海:よくご一緒するけど、あまりキャラの会話がなかったり、立ち位置が実年齢通りだったりするので、そういう意味では、すごく新鮮でしたね。
村田:よく共演させて頂いております。本当に新鮮でした!

―――収録を終えての感想をお願いします。
田丸:この作品は、『嘘』という日常にありふれたものを題材にしていることで、内容が身近に感じやすいなと思いました。実際、嘘は身近にあるもので、今回の瀬川と真中のように人を傷つけてしまうこともあって。現実にもあり得るお話で、とても面白いなと思いながら演じさせ頂きました。
瀬川は、最初人あたりの良い人だったので、すごく柔らかい雰囲気を心がけましたが、とにかく後半のヤンキーが難しくて。今まであまりそういう芝居をしたことがなかったので、ただ怖くし過ぎても違うよなとか、やり過ぎて別人のようになるのはダメだよなとか探りながら、現場でみんなと一緒に作れればいいなと思いながら演じました。

樋口:とても楽しい収録でした! 嘘について、1つ言いたいことがあります。僕は、「バレなきゃ嘘じゃねぇんだよ!」という考えを持っております。つかざるを得ない時もありますからね。ただ今回は、真中が嘘に気付いてしまい、そこからの葛藤だったりドラマティックな展開があってすごく面白いなと思いました。
真中は、「嘘が嫌い」とはっきり主張していたので、演じる中でその想いをしっかり持って、嘘に気付いた時の気持ちや、その時の瀬川との接し方を考えながら演じました。もし、瀬川を演じていたら、…僕もヤンキーはやりにくいかも(笑)。
田丸:絶対得意じゃないですか!(笑)。
樋口:(すごんで)俺、ヤンキーなんて無理だからなっ。
田丸:うまいっっっっ!
一同笑

―――トークCDでは、給食の話題が出てましたね!
樋口:レバー!
田丸:入ってたんですよね。
樋口:僕は、入ってなかったよ。

―――詳しくは、CDを聴いて頂きましょう。 好きなメニューはありましたか?
田丸:高校の時、週5でココア揚げパン食べてましたね。
樋口:揚げパン懐かしい! 前に粉がなくて、ただの揚げパンしか売らないっていわれたの思いだしました。
砂糖もなくて、味ないじゃん!って(笑)。
田丸:それは辛いですね。学生の時、週5で食べてたみたいなものあります?
樋口:特に、ないっすね。毎日違うものを食いたいな。給食で印象に残ってるのは、小学校の時にあったソフト麺かな。ちゃんぽん風のスープに入ってて、おいしかったんだよね!
田丸:僕は、本当ずっと食べてたんですよ。そのせいで太りましたもん(笑)。

ありがとうございました!!
特設サイトはこちら!
bnr_koibaka.jpg

試聴音源も公開中です♪
ドラマCDは、12月21日発売予定!
お楽しみに〜!


posted by マリン宣伝チーム at 00:00| キャストコメント・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

2016年11月19日(土)開催「小野友樹のオノパラ!」イベントにつきまして(更新)

小野友樹のオノパラ!イベント 概要 (11/11赤字部分更新)

■日程:2016年11月19日(土)
【昼の部】開場/13:30 開演/14:00
【夜の部】開場/16:30 開演/17:00

■出演:小野友樹

■会場:TKPスター貸会議室 護国寺
〒112-0012
東京都文京区大塚5-40-8
天風会館 1階

■チケット料金:各3,500円(税込)

■チケット販売スケジュール
2016年9月16日18時より(※先着順)
マリン・エンタテインメントチケットショップにて販売開始

※チケットの受付は2016年11月14日(月)23:59までとさせていただきます。

■お花につきまして
お客様がお花をご手配される際は、会場への着日時をイベント【当日午前着】にて、花屋、宅配業者へご指示いただけますようお願い申し上げます。なお、会場の都合上、スタンド花はお受けすることはできません。スタンド花以外でご手配いただけますようお願い申し上げます。

〒112-0012
東京都文京区大塚5-40-8 
天風会館 1階
小野友樹のオノパラ!イベント 公演宛

■主催:マリン・エンタテインメント

■イベントに関するお問い合わせ先:マリン・エンタテインメント 
03-5957-5644(平日10:00〜17:00)
ラベル:小野友樹
posted by マリン宣伝チーム at 17:54| ライブ・イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする